TOPアメリカン・プロレス注目インディー →AAW:Best of AAW 2017

AAW:Best of AAW 2017の分析


名勝負 なし
好勝負 ACH、レイ・フェニックス、ARフォックスvs.サミ・キャリハン、OI4K(ジェイク・クリスト、デイヴ・クリスト)(2/17/17)

ドリュー・ギャロウェイvs.DJZ(3/17/17)

AAW王座戦:サミ・キャリハン(ch)vs.ロウ・キー(3/17/17)

マイケル・エルガンvs.ザック・セイバーJr.(5/6/17)

@レイ・フェニックスvs.マイケル・エルガン(1/7/17)
 器用なエルガンですから
 ハイ・フライヤーの構築に寄せながら
 アクセントでパワー・スポットを主張させる形に。
 綺麗に2人の魅力がのった試合になっていますね。
 序盤から終盤までクオリティが落ちなかったのは
 エルガンの強みが出た格好です。
 好勝負に少し届かず。

AAAW王座戦:サミ・キャリハン(ch)vs.コンゴ・コング(2/4/17)
 サミがいつものように攻めあいで
 得意の形に持って行こうとするも
 コングには利かずパワー・スポットに苦戦してしまうという構図。
 コングは絞れていて打撃も良いし、
 ダイブも迫力があります。
 これなら今をときめくキースやダイジャックら
 動けるヘビー級戦線に参戦して欲しいですね。
 最後のパウダー攻撃、椅子を絡めた一発逆転の決着は
 フィニッシュとしてありかと思いますが、
 それでも理屈を少し無視した一進一退の攻防も
 ちょっと見たかったというのが本音ですね。
 かなり可能性を感じさせるマッチアップでした。
 好勝負に少し届かず。

BACH、レイ・フェニックス、ARフォックスvs.サミ・キャリハン、OI4K(ジェイク・クリスト、デイヴ・クリスト)(2/17/17)
 ACH、フェニックスが花道からリングに飛び込みつつ同時にエース・クラッシャー。
 出だしに大きなインパクトを生むと
 その後はノン・ストップ・アクション。
 数珠打ちや合体技等多人数の技も
 適度に織り交ぜられていて楽しいですね。
 常に技を打ち続けることを宿命付けているだけに
 リズムが変わらず食傷気味になるのはあって
 数珠打ちの時に全員ダウンの時間をもう少し取ったり
 トリオがリングを制圧するシーンを1つ作るだけで
 その印象派改善されたはずだけに残念。
 それでも最後に次回あたるサミとフェニックスの
 気持ちの攻防を置いて〆てきたのは良かった。
 ぎりぎり好勝負。

Cドリュー・ギャロウェイvs.DJZ(3/17/17)
 DJZはダフトパンク?の被り物を被って登場。
 体格差は歴然なので冒頭の隙をついて
 ヘッド・シザース・ドライバー。
 ギャロウェイも凌げば一発で逆転。
 インディーでのこの扱いはもう慣れたもので
 悠然とした間で自分の売りを最大化しています。
 DJZが柵を越えたフライを決めれば、
 ギャロウェイもリングに直接投げて戻したりと
 ダイナミックな場外シーンを挟んで再度リングへ。
 最後の攻防まで魅力的で予想以上に化学反応を起こした試合でした。
 ぎりぎり好勝負。

DARフォックスvs.シェイン・ストリックランド(3/17/17)
 フォックスが打撃で意識的にスポットへの溜めを作り、
 ストリックランドも空白の間を使いこなしていたりと
 演舞で魅せるのではなく新旧フライヤーの火花を散らした
 鬩ぎ合いで勝負しています。
 意欲的な内容ながら色々盛り込んで散逸になり、
 どれかの要素を本筋に据え太くする所までは意識が回らなかった。
 もう一つ全体として完成度が上がれば良かった。
 好勝負に少し届かず。 

Eザック・セイバーJr. vs.カイル・オライリー(3/17/17)
 相手の出方を探りながら
 厳しく締め上げていく攻防には”らしさ”はあります。
 ただ手探りの中で受け手から一つ上の提案があるかと思いきや無く、
 それを受けて攻め手が状況を打破することも無く、
 現状のラインのまま試合が進み、
 まだギアが入らないのか、と
 見ている方としては少し困惑してしまう内容。
 終盤になれば変わると思いきや、
 最後まで意志がはまることはなかったですね。
 まあまあ良い試合程度。

FAAW王座戦:サミ・キャリハン(ch)vs.ロウ・キー(3/17/17)
 ゴング前に突然暗転。
 暗転している間にロウ・キーがOI4KをKOして試合開始。
 ロウ・キーは攻撃的ファイトの先駆者でもありますから
 サミも気合が入っておりトペを放つと
 勢いの余り観客席にまで突っ込む程。
 ロウ・キーも気持ちに応えハード・ヒット。
 中盤は落ち着きすぎている感もありますが、
 サミがロウ・キーをロープにテープで固定し椅子攻撃を放てば
 反撃したロウ・キーは顎を外す蛮行に。
 セコンドの服を破って顎を固定したのは
 見方によってはコメディーチックですが、
 これを皮切りに再びウォーに。
 激しいチョップの打ち合いは見応えがありましたね。
 サミ派のアビス乱入から〆てきたのは残念ながら
 全体的には2人らしい闘争でした。
 ぎりぎり好勝負。

Gマイケル・エルガンvs.マット・リドル(4/8/17)
 スポットがリドルの試合は有機的に活きてくるのだけど
 それが整然として100%の効果を発揮していないのは
 エルガンの安全な試合運びが裏目に出たか。
 中盤は終盤との色分けのため
 エルガンは受け手に回りますが、
 何か引っかかりの欲しい展開ですね。
 終盤に入ると温存していた積極的な打ち合い。
 ジャーマンの打ち合いは熱狂を生み出しており、
 右肩上がりになり続けた試合です。
 ただこの2人にしては最初のスタート地点が低かったというのは
 厳しすぎる評価か。
 好勝負に届かずも中々良い試合。
 
Hタッグ王座戦:OI4K(デイヴ・クリスト、ジェイク・クリスト)(ch)vs.ARフォックス、レイ・フェニックス(4/22/17)
 タッグとしてハイ・フライの切り返し合いから
 場外乱闘に移ってと観客に臨場感を与えるに
 良い序盤といえるでしょう。
 ただ見栄え良いアクションはこなされるものの
 そのベースにあるべき試合運びは軽質なもの。
 特にジェイクが完全に空気に合わせようという
 ファイトで一時期の刺々しさが弱くなっているのは残念。
 また、フォックスの孤立シーンが少し長すぎますね。
 タッチできるかできないかの見せ場はしっかりあるものの
 そこの流れ作りは時間をかけていたには不十分。
 ホット・タッグのフェニックスが連続ダイブ。
 2人同時スポットも絡めながら観客を盛り上げましたが、
 決してギアが上がることはないまま30分時間切れのエンド。
 短縮した方がクオリティは上がったでしょうね。
 中々良い試合。

Iマイケル・エルガンvs.ザック・セイバーJr.(5/6/17)
 普通なら仕切りそうな、受けに回りそうな流れで追撃・反撃して
 火花撒き散らすファイトが展開されます。
 元々好カードではあるものの
 これは何かをやってくれそうだぞ、と思わせます。
 場外でエルガンが観客を煽ってのチョップを放ったシーンは
 チョップをセイバーの蹴りと同じく重要技として
 位置づける良い仕掛けです。
 中盤も流さず積極的に工房のアイディアを出します。
 セイバーが蹴りで左右のラリアットを打ち返していくシーンは面白かったですね。
 終盤はセイバーが得意の腕攻めにいけないぐらい
 エルガンがインパクトあるパワー技で押せ押せ。
 幾度もこれで終わった、と思わせるニア・フォールの連発。
 非常に気持ちの乗った攻防は凄まじかったですね。
 文句なしに好勝負。

 (執筆日:6/?/17)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@レイ・フェニックスvs.マイケル・エルガン(1/7/17)
AAAW王座戦:サミ・キャリハン(ch)vs.コンゴ・コング(2/4/17)
BACH、レイ・フェニックス、ARフォックスvs.サミ・キャリハン、OI4K(ジェイク・クリスト、デイヴ・クリスト)(2/17/17)
Cドリュー・ギャロウェイvs.DJZ(3/17/17)
DARフォックスvs.シェイン・ストリックランド(3/17/17)
Eザック・セイバーJr. vs.カイル・オライリー(3/17/17)
FAAW王座戦:サミ・キャリハン(ch)vs.ロウ・キー(3/17/17)
Gマイケル・エルガンvs.マット・リドル(4/8/17)
Hタッグ王座戦:OI4K(デイヴ・クリスト、ジェイク・クリスト)(ch)vs.ARフォックス、レイ・フェニックス(30分時間切れ)(4/22/17)
Iマイケル・エルガンvs.ザック・セイバーJr.(5/6/17)