TOPアメリカン・プロレス注目インディー →AAW:Hell Hath No Fury 4/10/15

AAW:Hell Hath No Fury 4/10/15の分析


名勝負 なし
好勝負 ジョニー・ガルガーノ、OI4K vs.ACH、デイビー・ベガ、マット・フィチェット

トマッソ・チャンパvs.トミー・エンド

@ルイス・リンドン、ゼロ・グラヴィティーvs.クリスチャン・フェイス、マーカス・クレイン、ダン・ローレンス
Aダニー・アダムスvs.PACO
Bサイラス・ヤングvs.PACO
Cアリシン・ケイvs.キンバー・リー
DShimmer王座戦:ニコール・マシューズ(ch)vs.ハイジ・ラヴァランス

Eジョニー・ガルガーノ、OI4K vs.ACH、デイビー・ベガ、マット・フィチェット
 軽快な演舞はどのレスラーも切れ味があり、
 観客も序盤からリングの動きに惹きつけられます。
 そのまま場外に雪崩れ込んでリアルな迫力で更に魅了。
 孤立シーンに移りますが、その前に大技を一さじ、と
 この試合は観客の心の機微を良く分かった構築をしている。
 ミッド・カードながら意欲的に連携シーンを絡める上に
 その連携のどれもがタッグではなくトリオならではのもので
 非常に充実した内容でした。
 ぎりぎり好勝負。

Fトマッソ・チャンパvs.トミー・エンド
 相手の出方を探っていることが
 細かな身振りで観客にも伝わる上質なレスリング。
 鋭い蹴りで緊張感を増しますが、
 ここで一瞬開いた間で途切れそうになったところを
 チャンパがサミングでピンポイントで繋いだのは上手い。
 2人でやっていると当然合わない時も出てくる。
 その時にどう対応できるかで
 その後も挑戦し続けられるかが決まりますからね。
 チャンパはその後も変幻のヒール・スタイルで味を出しますが、
 コントロールしすぎず序盤のような余白を残しているのが良い。
 それぞれの細かな意図の積み重ねが面白い。
 ぎりぎり好勝負。

Gマット・ケイジ、タイソン・デュークスvs.コルト・カバナ、ディック・ジャスティス
HAAW王座戦:エディ・キングストン(ch)vs.イーサン・ペイジ

Iサモア・ジョーvs.ジョシュ・アレキサンダー
 ジョシュは打ち合いを想定していたものの
 ジョーは一旦受けての倍返し戦略。
 そのためジョシュは最初戸惑っていたものの
 ジョーに合わせて一進一退を作り出しました。
 ただ全体的に大雑把でカードの期待値を下回る内容ではあった。
 まあまあ良い試合。

DVD Rating:☆☆☆☆☆
(執筆日:5/?/15)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@ルイス・リンドン、ゼロ・グラヴィティーvs.クリスチャン・フェイス、マーカス・クレイン、ダン・ローレンス
Aダニー・アダムスvs.PACO(ノー・コンテスト)
Bサイラス・ヤングvs.PACO
Cアリシン・ケイvs.キンバー・リー
DShimmer王座戦:ニコール・マシューズ(ch)vs.ハイジ・ラヴァランス
Eジョニー・ガルガーノ、OI4K vs.ACH、デイビー・ベガ、マット・フィチェット
Fトマッソ・チャンパvs.トミー・エンド
Gマット・ケイジ、タイソン・デュークスvs.コルト・カバナ、ディック・ジャスティス
HAAW王座戦:エディ・キングストン(ch)vs.イーサン・ペイジ
Iサモア・ジョーvs.ジョシュ・アレキサンダー