TOP他大陸のプロレスイギリス 現インディー団体 →RevPRO:Best of RevPRO 2021 part.3

RevPRO:Best of RevPRO 2021 part.3の分析


名勝負 なし
好勝負 ブリティッシュJカップ決勝:マイク・ベイリーvs.ルーク・ジェイコブスvs.マイケル・オクvs.コーナー・ミルズ(11/6/21)

統一ブリティッシュ・クルーザー級王座戦:マイケル・オク(ch)vs.マイク・ベイリー(11/21/21)

@ブリティッシュJカップ決勝:マイク・ベイリーvs.ルーク・ジェイコブスvs.マイケル・オクvs.コーナー・ミルズ(11/6/21)
 演舞の部分の精度合わせはまだ余地あり。
 しかし、やっていることは的確。
 
 タッグで一線を張っているルークンやオクは
 リング、場外の目配りが素晴らしいですね。

 複数人スポットで広げつつ、
 個性を感じさせるムーブと真っすぐなぶつかり合いで盛り上げます。
 幅広い4人のチョイスがまた良かったですね。
 
 決勝の特別感を際立たせた花道の攻防を経て、最後はベイリーvs.ルーク。

 根性ファイトの張り合いは
 単純化しすぎなきらいはあるものの
 ブレイク当時はアンダードッグとして慣らしたベイリーが
 力強くルークをねじ伏せて期待に応えてくれたのは嬉しかった。

 ぎりぎり好勝負。

A統一ブリティッシュ・クルーザー級王座戦:マイケル・オク(ch)vs.マイク・ベイリー(11/21/21)
 ベイリーが不意をついて蹴りかかりブレーン・バスター。
 ここでベイリーのワンサイドとせず、
 オクも仕掛けていくのですが、
 上手くダメージ・キャンセルさせつつ
 その攻防量のバランスも狙い通りに出来ているので、
 最終的にベイリーが上回る様を上手く見せることができています。

 下手にするとベイリーの仕掛けの攻めが弱く見えますが、そういうこともありません。

 花道のスポットといった大大会にふさわしい場面もあり、
 一方で派手さだけでなく細やかなディティールもあります。

 多段階構築も狙い通りで、やっている2人も相当手応えがあったでしょうね。

 ぎりぎり好勝負。

B統一ブリティッシュ・ヘビー級王座戦:ウィル・オスプレイ(ch)vs.海野翔太(11/21/21)
 海野はカリスマ・キャラ扱い。
 その期待に合わせ受け表現を見せますが、
 相手の次のアクションを予想して意図を込める業はまだまだ。

 オスプレイはここぞでギアを上げると海野をダウンさせ
 リングの主人公として一気に掌握。
 海野の動き出しのリズムに合わせた高速攻防、
 今の押し上げられたポジションを考慮した演出レベルの調整、と実に見事です。

 海野自身はまだ発展途上な所ありましたが、見応えある内容で、
 海野にとっても良い経験になった一戦ですね。

 好勝負に少し届かず。
 (執筆日:11/?/21)


注目試合の詳細

なし

試合結果

@ブリティッシュJカップ決勝:マイク・ベイリー(優勝!)vs.ルーク・ジェイコブスvs.マイケル・オクvs.コーナー・ミルズ(11/6/21)
A統一ブリティッシュ・クルーザー級王座戦:マイケル・オク(ch)vs.マイク・ベイリー(11/21/21)
B統一ブリティッシュ・ヘビー級王座戦:ウィル・オスプレイ(ch)vs.海野翔太(11/21/21)