TOP他大陸のプロレスイギリス 現インディー団体 →RPW:Best of RPW 2020 part.1

RPW:Best of RPW 2020 part.1の分析


名勝負 なし
好勝負 なし

@カイル・フレッチャーvs.鷹木信吾(1/10/20)
 変則的にアピール入れ合っているせいもあるのか
 ズレのあるスタートになっていますね。
 意図が噛み合わず
 後ろ向きの対応も含めた試合作りです。

 後半になったら微調整効くかと思いきや
 打ち返しに帰結してシーンをまとめるので
 大きな変化望めず既定のまま。
 ハード・ヒットが増して熱量は上がりましたけどね。

 鷹木招聘のブック自体は素晴らしいものですが
 試合はというと期待を大きく下回る結果になっています。

 まあまあ良い試合程度。

Aマイケル・オクvs.コーナー・ミルズ(2/23/20)
 ミルズが主導権を握り、
 技種をバランス良く使いこなしながら盛り上げ。

 オクは受け手に回りますが、
 細かな攻防作りが思ったよりないですね。
 これからの2人なので
 もっと積極的に攻め合っても良かった。

 オクが遅まきながら反撃を始めると攻防も派手になり見応えあり。
 ただやりたいことにムーブ精度が追い付いていない所もあり
 両者の課題も残る内容でしたね。

 平均的な良試合。
 (執筆日:4/?/20)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@カイル・フレッチャーvs.鷹木信吾(1/10/20)
Aマイケル・オクvs.コーナー・ミルズ(2/23/20)