TOP他大陸のプロレスイギリス 現インディー団体 →RPW:Best of RPW 2019

RPW:Best of RPW 2019の分析


名勝負 Aキッドvs.ザック・セイバーJr.(3/3/19)
好勝負 なし

@統一ブリティッシュ・ヘビー級王座戦:ザック・セイバーJr.(ch)vs.Pac(1/6/19)
 トップ対決故に簡単には相手を立てるために
 引けない位置付けがかえって踏み込みきれず、
 展開しそうで展開していかないまま時間が経過していくことに。
 Pacのクロス・フェイスへの切り返し等
 懐の深いところを見せると
 スタイル・クラッシュから一歩踏み込んでいきます。
 気持ちの乗った仕掛けが出てくるも
 試合全体の印象を払拭できないまま
 最後はセイバーがレフェリーを使ってロープを揺らしたのがDQという
 残念すぎるフィニッシュがダメ押し。
 ドリーム・マッチ的位置付けも出来るカードでしたが、
 まあまあ良い試合程度。

Aオージー・オープン(カイル・フレッチャー、マーク・デイヴィス)vs.チーム・ホワイトウルフ(Aキッド、カルロス・ロモ)(2/3/19)
 デイヴィスに対するアクションが弱く
 序盤は無理やりタッグの形を作っていますね。
 それでも後半になるにつれ
 チーム・ホワイトウルフの地力が発揮され攻防の質は改善。
 序盤と一転デイヴィスの体格を立てつつも
 自分の力量もしっかり見せることができています。
 充実したクライマックス。
 ただ最後は正調フィニッシャーで〆て良かった試合。
 好勝負に少し届かず。

BPac vs.ウィル・オスプレイ(30分時間切れ)(2/15/19)
 それぞれ新日、WWEの経験から
 ヘビー級よりのスタイルになった今どのような化学反応が起きるか。
 着地系の切り返しで見得を切りあいます。
 強烈なエルボーでオスプレイを鼻から出血させたPacが主導権。
 点の構築ではあるものの花道ブレーン・バスター含めて強烈なスポットで
 ヒールとしての存在感を示します。
 オスプレイが柵がらみの攻防から反撃開始。
 構成としてはストレートで綺麗ですね。
 ただ役割分担が過ぎてエピック・マッチとしては少し物足りないところも。
 レフェリー気絶からCCK乱入、2人で追い払って仕切りなおし。
 オスプレイがスタイルズ・クラッシュを放つ等
 技の特別性を感じさせるも最後は30分時間切れで、
 ワン・モア・マッチに期待させる終わり方にしてきました。
 確かにPacは良いレスラーではあるものの、
 いや良いレスラーであるからこそ、
 "元WWE"を意識してブッカーが勝敗に対して
 慎重すぎる取り扱いをするのは本当に必要かな、と思ってしまいます。
 好勝負に少し届かず。

CAキッドvs.ザック・セイバーJr.(3/3/19)
 Aキッドがセイバーのレスリングについていき
 観客の見る目が変わっていきます。
 このニュートラルなレスリングのやり取りに
 しっかり時間をかけたのはよかったですね。
 セイバーが主導権を握りますが、
 Aキッドは隙あらばサブミッションに引きずり込もうとします。
 それはセイバーの反撃方法そのもの。
 この鬩ぎあいがテクニカルで素晴らしかったですね。
 セイバーはロープを使ったサブミッションを使う等
 それに対して厳しさを見せ付けストーリー・テリング。
 セイバー>Aキッドは変わらないものの
 その差が着実に縮まっていく絶妙の調整が
 観客をぐいぐいと惹きつけていきます。
 Aキッドの潜在能力を引き出し、
 スペインのベスト・レスラーから
 世界の優れたレスラーの一人に仲間入りさせてマン・アップな試合。
 ぎりぎり名勝負。
 (執筆日:4/?/19)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@統一ブリティッシュ・ヘビー級王座戦:ザック・セイバーJr.(ch)vs.Pac(DQ)(1/6/19)
Aオージー・オープン(カイル・フレッチャー、マーク・デイヴィス)vs.チーム・ホワイトウルフ(Aキッド、カルロス・ロモ)(2/3/19)
BPac vs.ウィル・オスプレイ(30分時間切れ)(2/15/19)
CAキッドvs.ザック・セイバーJr.(3/3/19)