TOP他大陸のプロレスイギリス 現インディー団体 →Riptide Wrestling:Best of Riptide 2018

Riptide Wrestling:Best of Riptide 2018の分析


名勝負 なし
好勝負 ウォルターvs.マイク・ベイリー(7/6/18)

ブライトン王座トーナメント1回戦:ジョナ・ロックvs.ウォルター(8/2/18)

リングカンプ(ウォルター、ティモシー・サッチャー)vs.オージー・オープン(カイル・フレッチャー、マーク・デイヴィス)(8/3/18)

@ウォルターvs.マイク・ベイリー(7/6/18)
 ウォルターがベイリーにエプロ絡めてのンへのパワー・ボム、
 ロープに絡めてのハンマー、と
 観客に近い形で煽ります。
 ベイリーがハードな蹴りを放つも、それ以上のウォルターのチョップ。
 いつ見てもこの迫力には唸ってしまいますね。
 ベイリーは反撃をあくまでローへの蹴りに拘る。
 高い集中力を維持しており、どの蹴りも一律ハード。
 彼の真っ直ぐなスタイルを際立たせていて良いですね。
 体格差の構図の前に純粋なハード・ヒットを中心に据え、
 それを違和感無く成立させてみせた試合。
 熱狂の渦に巻き込まれました。
 文句なしに好勝負。
 (執筆日:8/?/18)

Aブライトン王座トーナメント1回戦:ジョナ・ロックvs.ウォルター(8/2/18)
 ウォルターに気後れせず
 何だったら上から目線で向かい合ってみせるロック。
 彼もまた今年非常に充実していましたからね。
 その実感がこの展開をしっかりこなすことに寄与している。
 ボディ・スラムや基本サブミッションが
 相当な大技として見せられています。
 BJWのストロング・ヘビー級っぽい方向性ですが、
 アングラっぽい雰囲気のあるRiptideだからこそ
 独特の雰囲気、いやむしろ夢とでも評すべきものがある。
 ジョナは終盤の幅が少し狭いかな、という印象はあるものの
 狭いなりに、その中でムーンサルトへの拘りで
 ストーリー・ラインをしっかり作っている。
 キース・リーのポジションを勝ち取れる逸材です。
 2019年はもっと活躍の場を増やして欲しいですね。
 ぎりぎり好勝負。

Bリングカンプ(ウォルター、ティモシー・サッチャー)vs.オージー・オープン(カイル・フレッチャー、マーク・デイヴィス)(8/3/18)
 既に実績のあるウォルターvs.デイヴィスだけでなく、
 カイル、ティモシーも予想以上の噛み合いを見せます。
 中盤はカイルの孤立ですが、
 リングカンプが厳しい攻めで
 空気が引き続き、引き締まります。
 カイルも抵抗の意思をちゃんと持っていますね。
 タッチしてデイヴィスのホット・タッグ。
 デイヴィスは少し不器用な印象で
 相手にリードしてもらったり、決まった展開に乗っかる印象でしたが、
 この試合ではジャブで相手の動きを止めたり、
 相手の動きに被せる攻撃性で自ら積極的に試合を作っています。
 カイルもハード・ヒットでティモシーと序盤と同じく良い攻防。
 複雑に入り乱れる4人の攻防で大きく盛り上がりましたね。
 ただクライマックスが少し形になりきらない印象。
 リングカンプを前にしてAOが
 どうそれぞれのバランスを取るか見失ってしまったか。
 ぎりぎり好勝負。
 (執筆日:12/?/18)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@ウォルターvs.マイク・ベイリー(7/6/18)
Aブライトン王座トーナメント1回戦:ジョナ・ロックvs.ウォルター(8/2/18)
Bリングカンプ(ウォルター、ティモシー・サッチャー)vs.オージー・オープン(カイル・フレッチャー、マーク・デイヴィス)(8/3/18)