TOP他大陸のプロレスイギリス 現インディー団体 →IPW:UK:Best of IPW:UK 2018

IPW:UK:Best of IPW:UK 2018の分析


名勝負 なし
好勝負 IPW:UK王座戦:オースチン・エリーズ(ch)vs.マーク・ハスキンス(2/21/18)

クリス・リッジウェイvs.ザック・セイバーJr.(4/11/18)

@IPW:UK王座戦:オースチン・エリーズ(ch)vs.マーク・ハスキンス(2/21/18)
 エリーズが少しの要素を入れつつも
 基本的に激しく攻めの押し付け合い。
 交錯しつつ序破急がしっかり効いていますね。
 どちらも隙あらばサブミッションで切り返し
 終盤に向けての緊張感を高めていきます。
 クロスボディ相打ちから終盤へ。
 リング横が狭くて厳しいと思わせたトペを放って盛り上げ、
 そこから序盤に布石を打っていた
 ラストチャンスリーとアームバーで一気に盛り上げました。
 確かなクオリティで期待を裏切らない内容でした。
 ぎりぎり好勝負。

Aクリス・リッジウェイvs.ザック・セイバーJr.(4/11/18)
 グラウンドでレッグ・ロックを締めあって張り手を打ち合ったりと
 UWFの原風景を思い起こさせる出だし。
 セイバーの領域ではありますが、
 リッジウェイにも上手く花を持たせていますね。
 リッジウェイも引っ張られるだけでなく
 自ら良い動きも見せていましたね。
 グラウンドで本気でセイバーに挑む。
 意外にこれが出来るのがリッジウェイ。
 他より知名度は遅れを取っているが良い選手ですよね。
 ストイックに一つに集中できる才能があり、
 リアリスティックへの意識もある。
 セイバーと同じレベルで素晴らしいものを提供する。
 やや均衡が傾いても油断できない緊張感のある空気は素晴らしい。
 息が詰まるような削りあいで最後までぶれずに魅せ切りました。
 最後はセイバーの蹴りに対してリッジウェイが前に出て
 ダメージを和らげて耐えるという石井的見せ方からフィニッシュ。
 このアイディアも面白かったですね。
 リッジウェイの理想の試合でキャリア・ベストでしょう。
 文句なしに好勝負。

BIPW王座&オール・イングランド王座統一戦:オースチン・エリーズ(IPW ch)vs.マーク・ハスキンス(All-England ch)(4/29/18)
 口論からエリーズがロー・ブローで試合開始。
 ダイブ含めたエプロン際でのやり取りに
 必殺技のサブミッションの攻防、と
 PWGのブライアンvs.ジェネリコを彷彿とさせる
 短時間構成の仕掛けですね。
 ただ、がつがつ攻め合いの中でダウンする時間もないので
 ハスキンスの激情の緩急が普段ほどではない印象。
 その点でクオリティは上の一戦ほどではないですね。
 両者ベルト攻撃を狙うユーモア溢れる演出もありつつ盛り上げました。
 好勝負に少し届かず。
 (執筆日:8/?/18)

C丸藤正道vs.ダグ・ウィリアムス(9/23/18)
 十何年前のNoahですかというカードですね。
 序盤のレスリングは見応えがあるものの
 中盤の動かし方はダグの年齢制限に引っかかり
 丸藤の独創性が出せていないですね。
 それでも終盤に移ると攻防の作り方は手馴れたもの。
 間違いなく盛り上がるツボをしっかり押さえきっていました。
 平均的な良試合。

Dマーク・ハスキンスvs.マット・リドルvs.トラヴィス・バンクス(11/1/17)
 それぞれ個性が違うものの
 3人全員に共通するのは技の鋭さ。
 3人としての絡み方はある程度シンプルで
 その点での面白みはやや欠けるかもしれませんが、
 期待通り全力で攻め合ってくれます。
 おまけの3ウェイ・ムーブも後半ちりばめてくれていますね。
 12分なのでニア・フォール合戦が
 この3人としてはまだまだいける感が残り、
 好勝負とまでは呼べないもののかなりの試合。
 好勝負に少し届かず。


注目試合の詳細

なし

試合結果

@IPW:UK王座戦:オースチン・エリーズ(ch)vs.マーク・ハスキンス(2/21/18)
Aクリス・リッジウェイvs.ザック・セイバーJr.(4/11/18)
BIPW王座&オール・イングランド王座統一戦:オースチン・エリーズ(IPW ch)vs.マーク・ハスキンス(All-England ch)(4/29/18)
C丸藤正道vs.ダグ・ウィリアムス(9/23/18)
Dマーク・ハスキンスvs.マット・リドルvs.トラヴィス・バンクス(11/1/17)