TOPアメリカン・プロレスWWE TV Matches →WWE:TV Matches Best of NXT 2022 part.1

WWE:TV Matches Best of NXT 2022 part.1の分析


名勝負 なし
好勝負 NXT王座戦:ブロン・ブレーカー(ch)vs.ギュンター(NXT 2.0 4/5/22)

@ウォルターvs.ロデリック・ストロング(NXT 2.0 1/18/22)
 ウォルターがNXTに。
 彼のスケール感にロデリックがしっかりついていき
 ハードに真っ向から一進一退。

 ロデリックらしさが出ていて良いですね。
 ウォルターの細やかな配慮も利いています。

 ウォルターのNXT加入を良い形で始めました。

 好勝負に少し届かず。
 (執筆日:1/?/22)

ANXT王座#1コンテンダーズ・マッチ:ドルフ・ジグラーvs.トマッソ・チャンパ(NXT 2.0 2/22/22)
 ジグラーが攻撃的な応対で
 Rawからやってきた、というシチュエーションを強調します。

 チャンパもジグラーの動きを見ながら
 時に無視して力強く動き取捨選択が利いています。

 緩急効かせる中でジグラーのハード・バンプも光りましたね。

 両者が想像以上に良い関係性を築いており、
 決まったかというニアフォールが幾つもありました。

 最後はカメラマンに扮したルードのアシストからフィニッシュ。

 NXT2.0になって見応えある試合数は減っていますが、
 NXT2.0世代とB&G、Raw & SD、3者の対戦が白熱すれば面白くなりそうですね。

 ぎりぎり好勝負
 (執筆日:2/?/22)

BNXT王座戦:ブロン・ブレーカー(ch)vs.ギュンター(NXT 2.0 4/5/22)
 ビッグ・マンの圧を感じさせながらのレスリング。

 伝統を活かしつつ
 型にはめ込み過ぎない中で
 ブロンのナチュラルな強さが出ます。

 ギュンターが論理立てていながら
 機械的ではない生々しい厳しさを見せて、
 ブロンの良さを引き出しましたね。

 この2人はガッツリ抗争して数え歌やって欲しい気がしますね。

 ぎりぎり好勝負。

Cノース・アメリカン王座戦:キャメロン・グライムス(ch)vs.カルメロ・ヘイズvs.ソロ・シコア(NXT 2.0 Spring Breakin' 5/3/22)
 Let's go Soloが鳴り響く中
 ヘイズがやられて参加できないヒール芸。
 グライムスも求められるコントロール力を発揮し、
 この3人だからこそ面白くなるだろうという
 期待にちゃんと応えるスタイル・クラッシュになっています。

 攻防をCM挟んで右肩上がりに上げていく中でも
 3人の個性が発揮されていて面白かったですね。

 シコアがこの面子で足を引っ張らず、こなしたのは上からしたら大きいでしょうね。
 王座戴冠も近いか。

 好勝負に少し届かず。 

注目試合の詳細

なし

試合結果

@ウォルターvs.ロデリック・ストロング(NXT 2.0 1/18/22)
ANXT王座#1コンテンダーズ・マッチ:ドルフ・ジグラーvs.トマッソ・チャンパ(NXT 2.0 2/22/22)
BNXT王座戦:ブロン・ブレーカー(ch)vs.ギュンター(NXT 2.0 4/5/22)
Cノース・アメリカン王座戦:キャメロン・グライムス(ch)vs.カルメロ・ヘイズvs.ソロ・シコア(NXT 2.0 Spring Breakin' 5/3/22)