TOPアメリカン・プロレスAEW →AEW:Best of AEW TV Matches 2021 part.6

AEW:Best of AEW TV Matches 2021 part.6の分析


名勝負 なし
好勝負 Impact世界 & TNA王座戦:ケニー・オメガ(ch)vs.クリスチャン・ケイジ(Rampage 8/13/21)
 
タイトル・イリミネーター決勝:ルチャ・ブラザーズ(レイ・フェニックス、ペンタ・エルM)vs.ジュラシック・エクスプレス(ジャングル・ボーイ、ルチャサウルス)(Rampage 8/27/21)

@ケニー・オメガ、ヤング・バックスvs.ダンテ・マーチン、サイダル・ブラザーズ(Dynamite 8/11/21)
 AEW本隊とDarkの対抗戦みたいなカードですね。

 バックス、オメガが大仰なアピールで盛り上げます。
 Darkチームは完成度で劣っても
 新星ダンテを中心に躍動感あるムーブで勝負できていますね。

 マイク、マット、ダンテが同じハイフライヤーながら
 試合の中で良いポジション分けされていましたね。

 ダンテとオメガのトップ・スケールの演舞は最高で
 このカードをしかるべきタイミングで組めば
 ジャングル・ボーイに続くオリジナル・スターを生み出せる確信を抱かせましたね。
 
 ダンテの終盤の連打は圧倒されるばかりでした。

 好勝負に少し届かず。

AImpact世界 & TNA王座戦:ケニー・オメガ(ch)vs.クリスチャン・ケイジ(Rampage 8/13/21)
 新番組のオープニングとして豪華カードを組んできました。

 序盤はプロレスの型の中で
 クリスチャンが仕草でアピールし、
 オメガは悪漢として観客を煽ります。

 50歳を目前にしたクリスチャンの限界に合わせた試合の作りですが
 四冠王になった今のオメガはこういうアメプロ色強めのものも問題なし。
 良いものを見せてくれます。

 クリスチャンは中盤以降、組み立てスキルよりも
 技自体のアピール性に少し頼ってはいましたが、
 レジェンド扱いされた攻防は白熱。
 
 リアル混ぜ込んだ疲労感からの演出。
 四冠王が陥落する為の適切な配慮もされています。

 シチュエーションによって実体以上のエモーションが生まれているのは確かですが、
 このシチュエーションの完璧っぷりはAEWの妙技で偶然ではありません。

 ぎりぎり好勝負。

Bタッグ王座戦:ヤング・バックス(ch)vs.ジュラシック・エクスプレス(ジャングル・ボーイ、ルチャサウルス)(Dynamite 8/18/21)
 バックスのアピール力が光りつつ、
 そこに動じず自分のするべきことをするJE。
 バックス任せになっていない所にJEの大きな成長を感じますね。

 セコンド交えて華々しく見せ場を作りつつ、
 孤立という王道の展開での熱量Upも大成功。

 通常放送なので、演出は弱めですが、
 それで中々良い試合に普通になっている程充実している。
 (執筆日:8/?/21)

Cタイトル・イリミネーター決勝:ルチャ・ブラザーズ(レイ・フェニックス、ペンタ・エルM)vs.ジュラシック・エクスプレス(ジャングル・ボーイ、ルチャサウルス)(Rampage 8/27/21)
 ジャングルは鉄柱を回って移動したりと
 独自のアイディアも織り交ぜられる程余裕を持って
 試合の高いレベルで臨めていますね。

 今回はフェニックスと鏡合わせのポジションも与えられています。

 ルチャサウルス、ペンタは2番手としてそれぞれパートナーをフォロー。

 決勝とはいえオープニングに回されたので、
 試合時間は長くないものの意図をもって試合を組み立て。
 CMを挟む団体側との息もぴったりで素晴らしかった。

 ぎりぎり好勝負。
 (執筆日:9/?/21)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@ケニー・オメガ、ヤング・バックスvs.ダンテ・マーチン、サイダル・ブラザーズ(Dynamite 8/11/21)
AImpact世界 & TNA王座戦:ケニー・オメガ(ch)vs.クリスチャン・ケイジ(新チャンピオン!)(Rampage 8/13/21)
Bタッグ王座戦:ヤング・バックス(ch)vs.ジュラシック・エクスプレス(ジャングル・ボーイ、ルチャサウルス)(Dynamite 8/18/21)
Cタイトル・イリミネーター決勝:ルチャ・ブラザーズ(レイ・フェニックス、ペンタ・エルM)(優勝!)vs.ジュラシック・エクスプレス(ジャングル・ボーイ、ルチャサウルス)(Rampage 8/27/21)