TOPアメリカン・プロレスWWE TV Matches →WWE:TV Matches Special Edition:Do you want Reviews? part.25

WWE:TV Matches Special Edition:Do you want Reviews? part.25の分析


名勝負 なし
好勝負 なし

@アンドレ・ザ・ジャイアントvs.チェック・ウェプナー(6/25/76)
 ボクサーvs.レスラーの異種格闘技戦。
 こんなカードが組まれていたんですね。

 アンドレが圧力をかけ、
 ウェプナーはパンチで牽制しながら好機を狙う形。

 アンドレは俊敏な動きの出来る時期ですから
 リアリスティックな間合いの勝負を演出できていますね。

 グラウンドに持ち込んだり
 ボディ・スラムの体勢になったりと
 上手く異種格闘技戦の見せ場が演出されています。

 後はウェプナーのパンチで
 アンドレが軽くダウンするポイントがあれば
 よりバランスも取れて見栄えする形でしたね。

 まあまあ良い試合。

Aミスター・フジvs.チーフ・ジェイ・ストロウングボウ(6/30/73)
 フジがコテコテの日系ヒールとして塩まきアピール。
 一方のストロングボウは腕組みして動かず対比的で絵になりますね。

 体格ロープ走りからエプロンのフジにストロングボウが
 リング内へのフライング・ヘッド・シザースを連打したりと
 外側にフジ、内側にストロングボウが位置した攻防で始めてから、
 今度はスタンディングからダウンさせる縦方向の攻防にシフト、と
 綺麗な構築論が堪能できますね。

 ただ終盤の攻防のキーとなったフジのチェスト・ロック。
 この技がいけない。
 ストロングボウが抜け出せるか
 細やかに演出している意図は分かるし、
 評価すべきレベルで実行できているのだけれども
 ただ胸をつねっているだけの技。

 これでストロウングボウがぐったりなってしまったり、
 何とか気持ちを奮起して最初から自由になっている手で
 殴りつけて逃れたりする様は
 現代人の感覚からするとコメディー以外の何物でもなくて・・・。

 アイアン・クローは受け入れられるのだけど
 これは受け入れられなくて只々笑ってしまった。

 中々良い試合。
 
 (執筆日:8/?/20)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@アンドレ・ザ・ジャイアントvs.チェック・ウェプナー(6/25/76)
Aミスター・フジvs.チーフ・ジェイ・ストロウングボウ(6/30/73)