TOPアメリカン・プロレスWWE TV Matches →WWE:TV Matches Special Edition:Do you want Reviews? part.22

WWE:TV Matches Special Edition:Do you want Reviews? part.22の分析


名勝負 なし
好勝負 なし

@ダーク・マッチ:エリン・オーグレディ(クラッシュ・ホーリー)vs.ヴィック・グライムス(Raw 1/20/98)
 ニュー・ジャックに殺されかけたことで有名グライムスですが、
 WWEとディベロップメント契約を結んでいたことがあったんですね。

 90年代後半に入り、あんこ型レスラーの需要が薄くなっている中で、
 受け手に回った時の見せ方の技術がひどい。
 クラッシュも全然間の調整やダメージ・コントロールができていないですけどね。

 ただグライムスが場外椅子に座らせたクラッシュに
 トぺコンを放ち自爆というスポットには驚きました。
 クラッシュもスプリングボードを多用し派手にやるので
 その質に反比例して歓声は結構上がっていました。

 悪い試合。

AWWF王座戦:トリプルH(ch)vs.TAKAみちのく(RAW 4/10/00)
 TAKAはフナキだけでなくAPAを引き連れてきます。
 レフェリーのヘブナーも強気に出てきて、
 動揺するHHHに攻めかかるというストーリーにのって
 しっかり良い動きを見せていますね。

 HHHがすぐに主導権を握り返しますが、
 負傷前の00-01年はHHHのレスラー人生最高潮の時ですから
 手を抜かずに切れ味鋭い攻めをしていますね。

 格の差を考えるとTAKAに反撃の機会は与えにくい所ですが、、
 フナキのアシストでHHHがAPAにぶつかり、
 攻撃を食らうなんていう筋で演出したのは面白かった。

 短時間の一戦ですが、当時のTVプロレスの面白みのある試合です。

 平均より少し上。

BWWF王座戦、ケージマッチ:ヨコヅナ(ch)vs.ブレット・ハート(House Show 8/13/93)
 (エスケープ・ルール有効)
 横綱の体重が制限要素になりますね。
 いつも通りかけられる技が絞られるのに加えて、
 エスケープ・ルールでは
 横綱がケージを登るなんてことはなく扉から逃げる一択のみ。

 ただその中で頑張っていて、
 ブレットの空間活用力は感心したし、
 横綱のKO級の攻防も良かった。
 当時においては一番ハードコアという位置づけの
 ケージ・マッチの根本原理を守っていますね。

 国際対決ということもあって盛り上がっていました。

 一方で、ヨコヅナがKO級の見せ方をするということは
 いつも以上にスローになるので、
 アスリート的目線からすると
 精緻に作っていても余りに遅いイメージも抱きます。

 せめて最後ロウラー介入で締めるならば
 ロウラーが介入する前からヨコヅナはケージの扉に向かって欲しかった。
 
 平均的な良試合。


 (執筆日:5/?/20)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@ダーク・マッチ:エリン・オーグレディ(クラッシュ・ホーリー)vs.ヴィック・グライムス(Raw 1/20/98)
AWWF王座戦:トリプルH(ch)vs.TAKAみちのく(RAW 4/10/00)
BWWF王座戦、ケージマッチ:ヨコヅナ(ch)vs.ブレット・ハート(House Show 8/13/93)