TOPアメリカン・プロレスWWE TV Matches →WWE:TV Matches Special Edition:Do you want Reviews? part.21

WWE:TV Matches Special Edition:Do you want Reviews? part.21の分析


名勝負 なし
好勝負 なし

@WWEタッグ王座戦:MNM(ch)vs.バティスタ、レイ・ミステリオ(SD 12/16/05)
 バティの抑え切れない怪物っぷりをMNMがヘタレ受けで引き立てていますね。
 バティとミステリオの凸凹タッグは
 試合自体は個々の動きがメインになりますが、
 チームとしてはまとまっていて魅力的ですね。
 
 MNMはマーキュリーが鼻血が出るアクシデントがありつつも
 確かな仕事をし続けましたね。
 一部攻守のライン引きが緩いところもありましたが、
 一方でインディー色が強くない当時のWWEにおいては
 相当珍しい工夫を凝らしたムーブが幾つも観られました。

 良質なエンターテイメント。
 まあまあ良い試合でした。

AIC王座戦:ショーン・マイケルズ(ch)vs.ブリティッシュ・ブルドッグ(House Show 10/6/95)
 オーバー・リアクションでエンタメに仕上げつつ、
 アクションにもアジテーションが伴っていて盛り上がっていますね。

 HBKが翻弄するもブルドッグがボディリフトから場外に落とし逆転。
スケール感あるスポット使いで見栄えしますね。

 コルネットと介入から煽って
 最後はラケット攻撃で反則というハウスショー仕様ですが、
 変な工夫をしなくても、不透明決着でも
 2人の当時の充実ぶりが伝わってくる密度でした。

 平均的な良試合。
 (執筆日:12/?/19)

BショーティG、ムスタファ・アリvsザ・リバイバル(SD 12/13/19)
 ショーティは得意のレスリングだけでなく
 細かな打撃の調整、大きなスポットまで
 充実のコンディションを感じさせる出来。

 逆にそのせいでアリは割を食って
 ほとんど試合に参加しない役回りになっていますね。

 リバイバルは相変わらず上手く、
 ポジション取りには感心しますね。

 6分という短い時間ながら魅力が十分に詰まった内容です。

 まあまあ良い試合。

Cハンディキャップ・マッチ:シャーロット・フレアーvs.カブキ・ウォリアーズ(アスカ、カイリ・セイン)(Raw 12/2/19)
 シングルの2通りの構成でも魅せれるカードですが、
 カブキ・ウォーリアーズはしっかりとハンディキャップ・マッチを遂行。

 カイリはサブと割り切って、
 リング外であれば好きに動く形で
 トルネード的攻防で魅了しましたね。

 そしてシャーロットもまた「格好良い強い戦う女性」を見事に体現している。

 ハンディキャップ・マッチを真面目に考え抜いて
 彼女らだけの試合にしました。

 中々良い試合。
 (執筆日:2/?/20)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@WWEタッグ王座戦:MNM(ch)vs.バティスタ、レイ・ミステリオ(新チャンピオン!)(SD 12/16/05)
AIC王座戦:ショーン・マイケルズ(ch)vs.ブリティッシュ・ブルドッグ(DQ)(House Show 10/6/95)
BショーティG、ムスタファ・アリvsザ・リバイバル(SD 12/13/19)
Cハンディキャップ・マッチ:シャーロット・フレアーvs.カブキ・ウォリアーズ(アスカ、カイリ・セイン)(Raw 12/2/19)