TOPアメリカン・プロレスWWE TV Matches →WWE:Best of TV Matches 2021 part.3

WWE:Best of TV Matches 2021 part.3の分析


名勝負 MITB予選、ラスト・マン・スタンディング:ケヴィン・オーウェンスvs.サミ・ゼイン(SD 7/2/21)
好勝負 MITB予選:リドルvs.ドリュー・マッキンタイア(Raw 6/21/21)

MITB予選セカンド・チャンス・マッチ:ドリュー・マッキンタイアvs.AJスタイルズvs.リドル(Raw 6/28/21)

フォールズ・カウント・エニウェア:リコシェvs.ジョン・モリソン(Raw 7/6/21)

@MITB予選:リドルvs.ドリュー・マッキンタイア(Raw 6/21/21)
 リドルの仕掛けにマッキンが自分のプロレス観で応対。

 マッキンのスケールの大きな攻めに
 リドルはこれまでになく劣勢に立たされます。

 お互い相手の攻めを重々しく受けて
 痛みを強烈に表現しています。

 それ故、結構難しい入りに見受けられましたが、
 しっかり積み重ね続けましたね。

 またオートンが試合を身に現れることで
 オートン大好きリドルが奮起するという分かりやすい切り替え点。

 切り返し合いの妙が光り終盤の攻防は更に面白かったですね。

 ぎりぎり好勝負。

AMITB予選セカンド・チャンス・マッチ:ドリュー・マッキンタイアvs.AJスタイルズvs.リドル(Raw 6/28/21)
 マッキンがドミネイトし強いプロレス。

 AJは一線から一歩引いた今のポジションを楽しんでおり、
 受け手に回りつつ3ウェイで脚狙いをするという難題に挑戦。
 更には場外の第3者が復活しないよう
 気を配る立ち回りで上手く試合の大筋を組み立てました。

 リドルはバッファーとして柔軟に立ち回っています。
 最近の使われ方は彼の魅力を引き出す形が多く良いですね。

 実況席葬、リドルの一時退場と演出はありつつ
 やや派手さに欠ける面がありましたが充実の3ウェイでした。

 ぎりぎり好勝負。
 (執筆日:6/?/21)

BMITB予選、ラスト・マン・スタンディング:ケヴィン・オーウェンスvs.サミ・ゼイン(SD 7/2/21)
 ラフに始めて場外戦。
 その気性の荒い遺恨戦はお手の物です。

 実況席の上から場外に投げ捨てる
 序盤仕様ながら特別な見せ場に期待感高まりつつ、
 ダウン・カウントの適切な混ぜ方は上手い。

 オーウェンスの感情表現もまた絶品。
 激しさを隠さず殴りかかるべき時は動き、
 動かないことで怖さ、その底の感情を見せるべき時は動かない。

 数え歌としてのブランドもありますが、
 視聴者の経験値に依存せず、
 この試合の中でのストーリー表現があって、
 その結果として場外にテーブル二段重ねの舞台装置がくみ上げられます。

 そんな激しいスポットでも決着せず。
 そこには過激なスポットをLMSルールの中で調律利かせる巧みな技があります。

 この数え歌の最高の沸点が遂にWWEでも再現されました。

 ぎりぎり名勝負。

Cフォールズ・カウント・エニウェア:リコシェvs.ジョン・モリソン(Raw 7/6/21)
 踏みとどまってスケール感出しながら演舞。
 モリソンがエプロンでネック・ブリーカーを決めショート・カットをしつつも
 モリソンがミズを借りてバック・スライドを決めたりと
 特殊ルールでユーモアも出していきます。

 サンダードームの舞台を彼らの創造力が発揮される。
 足を使えば使うほど彼らの良さが出てノっていきましたね。

 ラフ・ファイトがもう少し上手ければベースがしっかりするのに、という注文や
 最近ミズ、モリソンが売りとしている水鉄砲が
 試合の激しい攻防にゆるーい雰囲気で水を差した感じもありましたが、
 印象に残る特別な試合でしたね。

 ぎりぎり好勝負。
 (執筆日:7/?/21)


注目試合の詳細

なし

試合結果

@MITB予選:リドルvs.ドリュー・マッキンタイア(Raw 6/21/21)
AMITB予選セカンド・チャンス・マッチ:ドリュー・マッキンタイアvs.AJスタイルズvs.リドル(Raw 6/28/21)
BMITB予選、ラスト・マン・スタンディング:ケヴィン・オーウェンスvs.サミ・ゼイン(SD 7/2/21)
Cフォールズ・カウント・エニウェア:リコシェvs.ジョン・モリソン(Raw 7/6/21)