TOPアメリカン・プロレスWWE TV Matches →WWE:TV Matches 2020

WWE:TV Matches 2020の分析


名勝負 なし
好勝負 IC王座トーナメント決勝:AJスタイルズvs.ブライアン・ダニエルソン(SD 6/12/20)

@アレイスター・ブラックvs.バディ・マーフィー(Raw 1/13/20)
 細かなフェイントに仕掛け。
 場外戦でラフ色強めが今回の色味ですね。

 マーフィが花道に後頭部を叩きつければ、
 アレイスターもフェンスの上に立ったところを蹴り倒して、と
 印象的なシーンを作り出しています。

 リング外をメインにしながら攻防は見応えがあります。

 手慣れた鉄板の攻防に掟破りも追加。

 過去の試合と同じく素晴らしい試合でしたが、
 中途半端なレフェリー・カウントにより
 未完成な印象を生んでしまったのは残念。

 好勝負に少し届かず。
 (執筆日:4/?/20)

AIC王座トーナメント:ダニエル・ブライアンvs.ドリュー・グラック(SD 5/15/20)
 密着した状態で豊かに鬩ぎ合いを表現。
 レスリングの延長に投げのある
 この二人ならではのプロレスを見せてくれます。

 グラックがブライアンを場外に投げ捨て、CM挟みながら腰狙い。

 ブライアンがドラスクから反撃。
 追加のドラスクの為にリアルなタックルを仕掛けたりと
 クオリティが確定している序盤のレスリングだけでなく、
 中盤/終盤までオリジナルを追及していきます。

 最後も敢えて必殺技でもなんでもない
 ヒール・ホールドで決着するところがにくいですね。

 契約更新せずラスト・マッチとなるグラックに対し、
 ブライアンが手向ける記憶に残る試合となりました。

 好勝負に少し届かず。
 (執筆日:5/?/20)

Bシャーロットvs.アスカ(Raw 6/8/20)
 細かな打撃で一進一退。
 本意気にギアは入れずとも
 ロープを挟んだ攻防を定期的に入れて構築。

 アスカがロープを使ってドラスク。
 普通なら主導権を握れるムーブですが、均衡を崩さず。

 明確な展開もない中で試合を作れる所に2人の高い地力を感じますが、
 やっぱり展開付があれば更に良くなったよね、という
 思いを消し去ることは出来なかった。

 しかしアイコニックスとサーシャ、ベイリーの乱闘・退場や
 最後はナイアの介入がありつつも、
 基本的には純粋に2人のプロレスを30分弱堪能でき、それは中々持って幸せなことです。

 アスカはナチュラルでありながら同時にスパスタでもあったし、
 シャーロットも稀代の女帝として魅了し続けました。

 トップ・マッチにふさわしい鬩ぎ合いで、
 どちらが勝ってもおかしくない手に汗握る攻防でした。

 好勝負に少し届かず。

CIC王座トーナメント決勝:AJスタイルズvs.ブライアン・ダニエルソン(SD 6/12/20)
 無観客から始まったこのトーナメントも
 少数ながら観客と共に決勝、このカードを迎えることができました。

 ブライアンが全体像を見据えて適切な位置でスポット。

 AJは喉にクロス・チョップを叩き込んだりと
 ヒールとして背景作りに徹します。

 明確に形決めつつ細かな主導権の取り合いもあり、
 この両方を成立させるバランス感は素晴らしいですね。
 この前に行われたアスカvs.シャーロットも同じく頂上対決の位置づけでしたが、
 この点で少し課題が見られていました。
 
 ブライアンがフィニッシュに向けて腕攻めを蓄積。
 AJも脚攻めで応戦。
 ここに意味性があるからこそ中盤もダレずに集中力が続く。

 少量の観客がいるということを考慮しても
 流石の間の感覚で間違いのないクオリティ・メイク。

 終盤も熟練の組み合わせで息のあった攻防でしたね。
 やや最後のフィニッシュが弱く、
 カウンターのスタイルズ・クラッシュでそのまま終えても良かったかな、という印象。

 後はライブ放送を見ている人からすると
 5回もCMが入ってくるのは邪魔だったでしょうね。
 CM入れるポイント自体は悪くなかったものの。

 ベスト・イン・ザ・ワールドの2人が
 求められるシチュエーションにふさわしい試合をやってのけました。

 文句なしに好勝負。
 (執筆日:6/?/20)

DAJスタイルズvs.マット・リドル(6/18/20)
 リドルのSDデビューの相手はAJ。
 靴を履いてないやつは王座戦もなしだ、と
 試合前にヒール節でヒートを煽り良い雰囲気で開始。

 リドルがいきなりジャーマン、と
 派手に攻撃性を押し出し、
 AJがベテラン妙義で凌いで、と攻防も良い感じでしたね。
 特にAJのコーナーの使い方が上手かった。

 中盤以降は無理をせず
 確かなラインを狙っている感もあったものの
 ランバージャック的にフェイス/ヒールが見守る演出も良い方向に利いていて
 総じてデビュー戦は成功だったといえる内容に仕上がっています。

 中々良い試合。
 (執筆日:7/?/20)


注目試合の詳細

なし

試合結果

@アレイスター・ブラックvs.バディ・マーフィー(Raw 1/13/20)
AIC王座トーナメント:ダニエル・ブライアンvs.ドリュー・グラック(SD 5/15/20)
Bシャーロットvs.アスカ(Raw 6/8/20)
CIC王座トーナメント決勝:AJスタイルズ(新チャンピオン!)vs.ブライアン・ダニエルソン(SD 6/12/20)
DAJスタイルズvs.マット・リドル(6/18/20)