TOPアメリカン・プロレスWWE TV Matches →WWE:TV Matches Best of NXT 2015 Part.2

WWE:TV Matches Best of NXT 2015 Part.2の分析


名勝負 なし
好勝負 なし

@NXT王座戦:サミ・ゼイン(ch)vs.エイドリアン・ネヴィル(1/14/15)
 落ち着きとスピード感が同居していて
 何度も手を合わせた2人ならではのものを感じさせます。
 細やかなフェイントも深みを感じますね。
 後半に入りインパクトのあるスポットに移っていきますが、
 カウンターでの凌ぎ合いが熱く手に汗握りますね。
 ただ最後のフィニッシュの仕方は
 数え歌としてはやや物足りない気がします。
 好勝負に少し届かず。 


A女子王座戦:シャーロッテ(ch)vs.サーシャ・バンクス(1/21/15)
 それぞれ強引さを持って主張したいことを主張していきます。
 他のディーバにない迫力で序盤から惹きつけられますね。
 サーシャのアピール性、TV映りも見事なもの。
 細かく自分のやっていることに気を払えています。
 シャーロットはスケール・アップのせいで
 若干タイミングずれているがずれているものの
 NXTの他のディーバの誰にもない魅力なのでこれは後から改善していけば良い。
 終盤が少しちょっと単調だが、見応えのある内容。
 平均的な良試合です。

B#1コンテンダーズ・トーナメント:エイドリアン・ネヴィルvs.タイソン・キッド(1/28/15)
 基本的な攻防から探り合い。
 サイエンティフィックに動いているキッド。
 ネヴィルもフェイスに戻ってカリスマ感を作り出しています。
 ニュートラルなシーンを混ぜて土台を上手く作りました。
 キッドがヘッド・シザースで
 ネヴィルを鉄階段にぶつけ主導権を握ります。 
 ネヴィルがダイブから反撃を開始すると
 細かい攻防の切り返し合いと 
 インパクトある投げで終盤を構築。
 綺麗にまとめあげました。
 決勝なら更にもう一伸びできる余力すら感じさせました。
 中々良い試合。

C#1コンテンダーズ・トーナメント準決勝:フィン・バロールvs.ヒデオ・イタミ(2/4/15)
 教科書通りのダウンとロープ・ワーク交えた試合運び。
 技セットの認知度が高いだけに
 他よりも優位な条件下で攻防できている印象。
 ただ逆にそういうのを抜きに見ると
 ヒデオはアピール含めWWEへの適用が
 まだ上手く良い形にはなっていないですね。
 まあまあ良い試合。

D#1コンテンダーズ・トーナメント決勝:エイドリアン・ネヴィルvs.フィン・バロール(Takeover:Rival 2/11/15)
 序盤はレスリング。
 バロールがペイントしているため不適切に見えますが、
 王道のちゃんとした攻防を
 キレよく行って軌道にのせました。
 程よくアクションをリング中央から散らしています。
 ややこじんまりとして、
 軽さを無駄に感じさせている印象なのが残念。
 終盤もカウント2のために単発を重ねていたシーンが散見されました。
 それ以外にやることがあったのではないか。
 平均的な良試合。

E女子王座戦:シャーロッテ(ch)vs.サーシャ・バンクスvs.ベイリーvs.ベッキー・リンチ(Takeover:Rival 2/11/15)
 シャーロッテ、ベイリーがフェイス、
 ベッキー、サーシャがヒールという構図ですが、
 2vs.2に安穏とせず、序盤から4ウェイに果敢に挑戦しました。
 シャーロッテのパワフルさ、サーシャのヘタレ・ヒールに
 飛び切り光るものがあることは知っていましたが、
 ここにベッキー、ベイリーがインパクトある技で
 見劣りせずついていったのは驚きましたね。
 勿論、個性という意味では前者の2人と同じレベルではありませんが。
 複数人スポットもあり、充実の内容。
 中々良い試合。

FNXT王座戦:サミ・ゼイン(ch)vs.ケヴィン・オーウェンズ(Takeover:Rival 2/11/15)
 ケヴィンが場外で時間を置き心理戦を仕掛けますが、
 NXTでは初対戦な訳で、
 このストーリーに重きを置き過ぎた出だしは?。
 サミがトペコン決めるも早々にダウン状態に。
 一方的で退屈な流れです。
 反撃方法も余りドラマチックではなく
 クローズライン連発というのも絵にならない。
 十分に惹きつけきれていないのに
 私的な攻防がチラホラ散見されます。
 エプロン角へのパワー・ボムも
 使えるシチュエーションを考えればもっと序盤で使っても良かった。
 最後はリングでパワー・ボムをひたすら連発してレフェリー・ストップ。
 ノン・タイトル戦でやれば良い内容。
 まあまあ良い試合程度。

G女子王座戦:サーシャ・バンクス(ch)vs.シャーロッテ(3/4/11)
 サーシャのヘタレ逃げと
 シャーロットのスケール・アップが見事に一致。
 一転して中盤はサーシャが容赦ない腰攻め。
 女性ならではの体の柔らかさ、気性の激しさが出ています。
 シャーロッテは序盤少し動きが硬かったものの
 後半には改善されて大きく盛り上がりましたね。
 最後のフィニッシャーもこのライバル対決にふさわしかった。
 充実の内容ながら、序盤から中盤への切り替えシーンが
 CMでカットされたりとボリュームの物足りなさを感じる。
 終盤ももう少しニア・フォールを作れたはず。
 中々良い試合。

HNXT王座戦:ケヴィン・オーウェンス(ch)vs.フィン・バロール(3/25/15)
 ペイントなしで挑んだバロール。
 オーウェンスもブル・ファイトを封印し、
 一軍を意識したのかな、と思うような
 WWE TVショーのベーシックなスタイルとなっています。
 ヘッド・ロック・ベースの構成から一進一退。
 その時の熱だけに頼らない
 かなり根幹を意識した試合の作り方です。
 オーウェンスが続けて脚攻め。
 序盤中盤終盤もしっかりクオリティのある内容でした。
 オーウェンスはパワー・ボムをフィニッシャーに位置づけてきたようですが、
 今回みたいなカウンターとしての使い方は見栄えがせず微妙かな。
 好勝負に少し届かず。

注目試合の詳細

なし

試合結果

@NXT王座戦:サミ・ゼイン(ch)vs.エイドリアン・ネヴィル(1/14/15)
A女子王座戦:シャーロッテ(ch)vs.サーシャ・バンクス(1/21/15)
B#1コンテンダーズ・トーナメント:エイドリアン・ネヴィルvs.タイソン・キッド(1/28/15)
C#1コンテンダーズ・トーナメント準決勝:フィン・バロールvs.ヒデオ・イタミ(2/4/15)
D#1コンテンダーズ・トーナメント決勝:エイドリアン・ネヴィルvs.フィン・バロール(Takeover:Rival 2/11/15)
E女子王座戦:シャーロッテ(ch)vs.サーシャ・バンクス(新チャンピオン!)vs.ベイリーvs.ベッキー・リンチ(Takeover:Rival 2/11/15)
FNXT王座戦:サミ・ゼイン(ch)vs.ケヴィン・オーウェンズ(新チャンピオン!)(Takeover:Rival 2/11/15)
G女子王座戦:サーシャ・バンクス(ch)vs.シャーロッテ(3/4/11)
HNXT王座戦:ケヴィン・オーウェンス(ch)vs.フィン・バロール(3/25/15)