TOPアメリカン・プロレスWWE 2019年 →WWE:Clash of Champions 9/15/19

WWE:Clash of Champions 9/15/19の分析


名勝負 なし
好勝負 Raw女子王座戦:ベッキー・リンチ(ch)vs.サーシャ・バンクス

@キックオフ・マッチ、クルーザー級王座戦:ドリュー・グラック(ch)vs.ウンベルト・カリーリョ、リンセ・ドラド
Aキックオフ・マッチ、US王座戦:AJスタイルズ(ch)vs.セドリック・アレキサンダー
@タッグ王座戦:セス・ローリンズ、ブラウン・ストロウマン(ch)vs.ドルフ・ジグラー、ロバート・ルード
ASD女子王座戦:ベイリー(ch)vs.シャーロット・フレアー
BSDタッグ王座戦:ニュー・デイ(ch)vs.ザ・リバイバル
C女子タッグ王座戦:アレクサ・ブリス、ニッキー・クロス(ch)vs.ファイヤー&デザイア
DIC王座戦:シンスケ・ナカムラ(ch)vs.ザ・ミズ

ERaw女子王座戦:ベッキー・リンチ(ch)vs.サーシャ・バンクス
 サーシャが復帰。
 サーシャが世界の中心、と思わせるだけの
 間使い、細かなアピールによるカリスマ性。
 試合勘はまったく衰えていないですね。

 ベッキーもザ・マンとしての仕草が細かなディティールにまで徹底されていて、
 このフェイス/ヒール対決はかなりハマっています。

 技の正確さ/受身/その後の攻守それぞれの表現あいまって
 終盤も女子だから印象に乏しいということはまったくない。
 
 最後はサーシャが業を煮やして椅子を取り出す形で試合としてはDQ裁定なものの
 その後も個人的遺恨を爆発させた乱闘シーンに異例な程の時間が割かれており、
 そのブックの演出の実行・表現もまたクオリティが高かった。

 ぎりぎり好勝負。

FWWE王座戦:コフィ・キングストン(ch)vs.ランディ・オートン
GノーDQ:エリック・ローワンvs.ローマン・レインズ
Hユニバーサル王座戦:セス・ローリンズ(ch)vs.ブラウン・ストロウマン

 (執筆日:9/?/19)
Rating:★★★★★

注目試合の詳細

なし

試合結果

@キックオフ・マッチ、クルーザー級王座戦:ドリュー・グラック(ch)vs.ウンベルト・カリーリョ、リンセ・ドラド
Aキックオフ・マッチ、US王座戦:AJスタイルズ(ch)vs.セドリック・アレキサンダー
@タッグ王座戦:セス・ローリンズ、ブラウン・ストロウマン(ch)vs.ドルフ・ジグラー、ロバート・ルード(新チャンピオン!)
ASD女子王座戦:ベイリー(ch)vs.シャーロット・フレアー
BSDタッグ王座戦:ニュー・デイ(ch)vs.ザ・リバイバル(新チャンピオン!)
C女子タッグ王座戦:アレクサ・ブリス、ニッキー・クロス(ch)vs.ファイヤー&デザイア
DIC王座戦:シンスケ・ナカムラ(ch)vs.ザ・ミズ
ERaw女子王座戦:ベッキー・リンチ(ch)vs.サーシャ・バンクス(DQ)
FWWE王座戦:コフィ・キングストン(ch)vs.ランディ・オートン
GノーDQ:エリック・ローワンvs.ローマン・レインズ
Hユニバーサル王座戦:セス・ローリンズ(ch)vs.ブラウン・ストロウマン