TOPアメリカン・プロレスWWE 2019年 →WWE:Summerslam 8/11/19

WWE:Summerslam 8/11/19の分析


名勝負 なし
好勝負 ユニバーサル王座戦:ブロック・レスナー(ch)vs.セス・ローリンズ

@キックオフ・ショー、クルーザー級王座戦:ドリュー・グラック(ch)vs.オニー・ロルカン
Aキックオフ・ショー:バディ・マーフィーvs.アポロ・クルーズ
・エッジがイライアスにスピアー。
Bキックオフ・ショー、女子タッグ王座戦:アレクサ・ブリス、ニッキー・クロス(ch)vs.アイコニックス
@Raw女子王座戦、サブミッション・マッチ:ベッキー・リンチ(ch)vs.ナタリア
Aゴールドバーグvs.ドルフ・ジグラー
BUS王座戦:AJスタイルズ(ch)vs.リコシェ
CSD女子王座戦:ベイリー(ch)vs.エンバー・ムーン
D(スペシャル・エンフォーサー:イライアス):ケヴィン・オーウェンスvs.シェイン・マクマホン
 (オーウェンスは負けたら引退)
Eシャーロットvs.トリッシュ・ストラタス
FWWE王座戦:コフィ・キングストン(ch)vs.ランディ・オートン
Gブレイ・ワイアットvs.フィン・ベイラー

Hユニバーサル王座戦:ブロック・レスナー(ch)vs.セス・ローリンズ
 セスは腹にテーピングしている状況で"最強"のレスナーに挑戦。
 そのシチュエーションを活かし、
 レスナーの速攻ジャーマン狙いに対し、
 セスが着地して防ぎカーブストンプを決めるという切り返しで
 一気に緊張感を生み出しています。
 これは単純に必殺技を決めるだけではダメで
 この切り返しがあってこそ。

 レスナーはカーブストンプを食らってもKOされず怪物ぶりを披露。
 攻めにおいてもジャーマンだけでなく、
 テープを持ってセスを振り回したりと素晴らしかったですね。

 極端なスタイルクラッシュながら一方的にならず一進一退。
 序盤から必殺技を混ぜている弊害で
 序破急の流れは薄いものの
 セスの疲労感表現がそれを補っています。

 実況席葬などの派手なスポットもあり
 短時間にギュッとエッセンスを詰め込んできました。
 文句なしに好勝負。

 (執筆日:8/?/19)
Rating:★★★☆☆

注目試合の詳細

なし

試合結果

@キックオフ・ショー、クルーザー級王座戦:ドリュー・グラック(ch)vs.オニー・ロルカン
Aキックオフ・ショー:バディ・マーフィーvs.アポロ・クルーズ(DQ)
・エッジがイライアスにスピアー。
Bキックオフ・ショー、女子タッグ王座戦:アレクサ・ブリス、ニッキー・クロス(ch)vs.アイコニックス
@Raw女子王座戦、サブミッション・マッチ:ベッキー・リンチ(ch)vs.ナタリア
Aゴールドバーグvs.ドルフ・ジグラー
BUS王座戦:AJスタイルズ(ch)vs.リコシェ
CSD女子王座戦:ベイリー(ch)vs.エンバー・ムーン
D(スペシャル・エンフォーサー:イライアス):ケヴィン・オーウェンスvs.シェイン・マクマホン
Eシャーロットvs.トリッシュ・ストラタス
FWWE王座戦:コフィ・キングストン(ch)vs.ランディ・オートン(ダブル・カウントアウト)
Gブレイ・ワイアットvs.フィン・ベイラー
Hユニバーサル王座戦:ブロック・レスナー(ch)vs.セス・ローリンズ(新チャンピオン!)