TOPアメリカン・プロレスWWE 2019年 →WWE:WrestleMania 35 4/7/19

WWE:WrestleMania 35 4/7/19の分析


名勝負 WWE王座戦:ダニエル・ブライアン(ch)vs.コフィ・キングストン
好勝負 なし

@キックオフ・マッチ、クルーザー級王座戦:バディ・マーフィー(ch)vs.トニー・ニース
Aキックオフ・マッチ、ウイメンズ・バトル・ロイヤル
Bキックオフ・マッチ、Rawタッグ王座戦:ザ・リバイバル(ch)vs.カート・ホーキンス、ザック・ライダー
Cキックオフ・マッチ、アンドレ・ザ・ジャイアント・メモリアル・バトル・ロイヤル

・ホーガンが開幕で登場。
@ユニバーサル王座戦:ブロック・レスナー(ch)vs.セス・ローリンズ
AAJスタイルズvs.ランディ・オートン
BSDタッグ王座戦:ウーソーズ(ch)vs.シェーマス、セザーロvs.シンスケ・ナカムラ、ルセフvs.リコシェ、アレイスター・ブラック
Cフォールズ・カウント・エニウェア:シェイン・マクマホンvs.ザ・ミズ
D女子タッグ王座戦:サーシャ・バンクス&ベイリー(ch)vs.アイコニックス(新チャンピオン!)vs.ベス・フェニックス、ナタリアvs.タミーナ、ナイア・ジャックス

EWWE王座戦:ダニエル・ブライアン(ch)vs.コフィ・キングストン
 まずはコフィが躍動してダイブですが。
 ここで続けずあえて仕切って
 試合展開ではなくシチュエーション表現に使ったのが上手い。
 コフィのスプリングボードでのビッグ・ダイブがかわされ実況席激突。
 すかさずブライアンが獰猛な腹攻め。
 ブライアンのコントロール力もあり、
 理想的な右肩がリで観客のボルテージが高まっていきます。
 応援するセコンドのニュー・デイや
 バックステージの面々をポイントが移すのもにくい。
 ベスト・ポイントでブライアンがイエス・ポーズで煽って突入した
 終盤も見事な攻防でECでのシングルを越えてきました。
 商業的に半人種差別ムーブメントに乗って作った所はあるでしょうが、
 実際に黒人だけでなく人種関係なく皆が一体感を、
 幸福感を、覚えた結果の前に意図の有無は関係ありません。
 フェイスが勝利するというその結果に酔う80'sアンセムを
 リアルタイムで味わえるとは思わなかった。
 ぎりぎり名勝負。

FUS王座戦:サモア・ジョー(ch)vs.レイ・ミステリオ
Gローマン・レインズvs.ドリュー・マッキンタイア
Hノー・ホールズ・バード:トリプルH vs.バティスタ
 (トリプルHは敗北すると引退)
・シナがラッパー・キャラで登場し、イライアスにFU。
Iカート・アングル引退試合:バーロン・コービンvs.カート・アングル
JIC王座戦:ラシュリー(ch)vs.フィン・ベイラー

KRaw女子&SD女子王座戦:ロンダ・ロージー(Raw ch)vs.シャーロット(SD ch)vs.ベッキー・リンチ
 ロンダがまずは女レスナー的ドミネイト。
 この威圧感はなかなか出せないですね。
 これに対しシャーロット、ベッキーが思わず連携技。
 その後も3ウェイの要素を序盤から積極的に織り込みます。
 栄光のWMメインを成功させそうな好調な出だしでした。
 しかしサブミッション、静的ポジションをベースにすることで
 切り返し等をなくして3人目の入れ替わりを楽にしており、
 スポットを一定量生み出すことだけを最優先にした
 WMメインとしては少し安全策過ぎる構築になっています。
 ロンダのキャリアの短さを危惧したのでしょうか。
 それなら実況席葬で一定期間ダウンさせて、
 シャーロットvs.ベッキーのシングルで中盤を作るとか
 もっと適切な方策があったように思いますね。
 そしてクライマックスのテーブル。
 煮詰まってクオリティが伸びない中でテーブルを出してしまうと
 それまで中核に据えていた技の数々がもうハイ・スポットとしては見れなくなる。
 エプロン技とか実況席葬で十分でした。
 更に最後のフォール時、1カウントの時に
 肩が一回上がってしまっているというケチまでついて・・・。
 WMメインを張るに値する実績を
 彼女達3人は積み重ねてきましたが、
 この試合自体は歴史を作ることはできなかった。
 決してWMのメインが全て成功してきた訳ではないけれど、少し惜しまれる。
 平均的な良試合。

 (執筆日:4/?/19)
Rating:★★☆☆☆

注目試合の詳細

なし

試合結果

@キックオフ・マッチ、クルーザー級王座戦:バディ・マーフィー(ch)vs.トニー・ニース(新チャンピオン!)
Aキックオフ・マッチ、ウイメンズ・バトル・ロイヤル(勝者:カルメラ)
Bキックオフ・マッチ、Rawタッグ王座戦:ザ・リバイバル(ch)vs.カート・ホーキンス、ザック・ライダー(新チャンピオン!)
Cキックオフ・マッチ、アンドレ・ザ・ジャイアント・メモリアル・バトル・ロイヤル(勝者:ブラウン・ストロウマン)
@ユニバーサル王座戦:ブロック・レスナー(ch)vs.セス・ローリンズ(新チャンピオン!)
AAJスタイルズvs.ランディ・オートン
BSDタッグ王座戦:ウーソーズ(ch)vs.シェーマス、セザーロvs.シンスケ・ナカムラ、ルセフvs.リコシェ、アレイスター・ブラック
Cフォールズ・カウント・エニウェア:シェイン・マクマホンvs.ザ・ミズ
D女子タッグ王座戦:サーシャ・バンクス&ベイリー(ch)vs.アイコニックス(新チャンピオン!)vs.ベス・フェニックス、ナタリアvs.タミーナ、ナイア・ジャックス
EWWE王座戦:ダニエル・ブライアン(ch)vs.コフィ・キングストン(新チャンピオン!)
FUS王座戦:サモア・ジョー(ch)vs.レイ・ミステリオ
Gローマン・レインズvs.ドリュー・マッキンタイア
Hノー・ホールズ・バード:トリプルH vs.バティスタ
Iカート・アングル引退試合:バーロン・コービンvs.カート・アングル
JIC王座戦:ラシュリー(ch)vs.フィン・ベイラー(新チャンピオン!)
KRaw女子&SD女子王座戦:ロンダ・ロージー(Raw ch)vs.シャーロット(SD ch)vs.ベッキー・リンチ(新チャンピオン!)