TOPアメリカン・プロレスWWE 2018年 →WWE:Wrestlemania 34 4/8/18

WWE:Wrestlemania 34 4/8/18の分析


名勝負 なし
好勝負 SD女子王座戦:シャーロット(ch)vs.アスカ

カート・アングル、ロンダ・ラウジーvs.トリプルH、ステファニー・マクマホン

@アンドレ・ザ・ジャイアント・メモリアル・バトル・ロイヤル
Aクルーザー級王座トーナメント決勝:セドリック・アレキサンダーvs.ムスタファ・アリ
B女子バトル・ロイヤル

@IC王座戦:ザ・ミズ(ch)vs.セス・ローリンズvs.フィン・ベイラー
 数珠で三人入り乱れるコンセプトを
 それぞれがしっかり理解し貫徹しているのでスピード感がありますね。
 また、それぞれの技がハマるべきところにハマっているので気持ち良い。
 王者という他よりも上の立場にあるべき
 ミズも王者としてしっかり試合を回せています。
 本当に成長しましたね。
 いきなり精緻な3ウェイを繰り広げられ、
 観客も爆発的な盛り上がりを見せました。
 好勝負に少し届かず。

ASD女子王座戦:シャーロット(ch)vs.アスカ
 クイックを混ぜて緩急をつけつつ、帰結は更に鋭く。
 両者が意図、技巧を積み重ねながら
 これ程のものができているのは素晴らしいですね。
 とりわけシャーロットの完成度が異常。
 激情的な打撃とダメージ表現には気品があり、
 リアリスティックな完壁主義に経緯を表せずにはいられません。
 断崖式ブレーンバスターやスパニッシュフライ等
 これまでの女子のレベルを超えた大技も連発。
 それ程の攻め合いだからこそ最後の4の字が
 無駄に一撃必殺感が強すぎるきらいはありますが、素晴らしい試合でした。
 ぎりぎり好勝負。

BUS王座戦:ランディ・オートン(ch)vs.ボビー・ルードvs.ルセフvs.ジンダー・マハル

Cカート・アングル、ロンダ・ラウジーvs.トリプルH、ステファニー・マクマホン
 花相撲ながら、これがまさかのMOTNとはね。
 アメリカン・プロレスの本道を行くフェイス/ヒール対決。
 どうすればヒールらしく見えるかのノウハウを
 序盤から出し惜しみ無く連発してまず舞台をセットします。
 そしてタッグの王道といえば孤立シーンから
 どうタッチに持っていくか。
 カートの孤立を適切にこなしてロンダへ。
 ロンダはプロレスのムーブこそ、ぎこちなく
 前世代のゲームのキャラクターみたいですが、
 ベースの身体能力がトップ・アスリートのそれなので
 80年代的価値観で申し上げると素晴らしいレスラーです。
 対するステフの表現力も円熟味を増して素晴らしく、
 良くも悪くもHHH、カートは脇役でしたね。
 予想以上にはまった内容で、
 最後のアームバーのフィニッシュはこの日の飛び切りのシーンではないでしょうか。
 ぎりぎり好勝負。

DSDタッグ王座戦:ウーソーズ(ch)vs.ブルージョン・ブラザーズvs.ニュー・デイ
Eアンダーテイカーvs.ジョン・シナ
Fシェイン・マクマホン、ダニエル・ブライアンvs.サミ・ゼイン、ケヴィン・オーウェンス
GRaw女子王座戦:アレクサ・ブリス(ch)vs.ニア・ジャックス
HWWE王座戦:AJスタイルズ(ch)vs.シンスケ・ナカムラ
IRawタッグ王座戦:ザ・バー(ch)vs.ブラウン・ストロウマン、?
Jユニバーサル王座戦:ブロック・レスナー(ch)vs.ローマン・レインズ


 (執筆日:1/?/18)
DVD Rating:★★★☆☆

注目試合の詳細

なし

試合結果

@アンドレ・ザ・ジャイアント・メモリアル・バトル・ロイヤル(勝者:マット・ハーディ)
Aクルーザー級王座トーナメント決勝:セドリック・アレキサンダー(新チャンピオン!)vs.ムスタファ・アリ
B女子バトル・ロイヤル(勝者:ナオミ)
@IC王座戦:ザ・ミズ(ch)vs.セス・ローリンズ(新チャンピオン!)vs.フィン・ベイラー
ASD女子王座戦:シャーロット(ch)vs.アスカ
BUS王座戦:ランディ・オートン(ch)vs.ボビー・ルードvs.ルセフvs.ジンダー・マハル(新チャンピオン!)
Cカート・アングル、ロンダ・ラウジーvs.トリプルH、ステファニー・マクマホン
DSDタッグ王座戦:ウーソーズ(ch)vs.ブルージョン・ブラザーズ(新チャンピオン!)vs.ニュー・デイ
Eアンダーテイカーvs.ジョン・シナ
Fシェイン・マクマホン、ダニエル・ブライアンvs.サミ・ゼイン、ケヴィン・オーウェンス
GRaw女子王座戦:アレクサ・ブリス(ch)vs.ニア・ジャックス(新チャンピオン!)
HWWE王座戦:AJスタイルズ(ch)vs.シンスケ・ナカムラ
IRawタッグ王座戦:ザ・バー(ch)vs.ブラウン・ストロウマン、ニコラス(新チャンピオン!)
Jユニバーサル王座戦:ブロック・レスナー(ch)vs.ローマン・レインズ