TOPアメリカン・プロレスWWE 2017年 →WWE:No Mercy 9/24/17

WWE:No Mercy 9/24/17の分析


名勝負 なし
好勝負 なし

@キックオフ・マッチ:エリアスvs.アポロ・クルーズ
@IC王座戦:ザ・ミズ(ch)vs.ジェイソン・ジョーダン
Aフィン・ベイラーvs.ブレイ・ワイアット

Bタッグ王座戦:ディーン・アンブローズ、セス・ローリンズ(ch)vs.シェーマス、セザーロ
 セザーロ、シェーマスがラフなタッグ戦術でコントロール。
 アンブローズ、セスも力をこめて抵抗し熱を帯びます。
 図らずもセザーロが口から流血してしまう程。
 セザーロに配慮して攻防が停滞するマイナス面もありましたが、
 それ以上にこの流血はプラスに働いています。
 古典的タッグのタッチできるかできないかの見せ場もあります。
 終盤は連携から分かりやすい合体技もあり盛り上がります。
 ずるして頂き風のスポットからまとめあげたのも"らしさ"が出ていますね。
 好勝負に少し届かず。

C女子王座戦:アレクサ・ブリス(ch)vs.サーシャ・バンクスvs.ニア・ジャックスvs.エマvs.ベイリー
Dローマン・レインズvs.ジョン・シナ
Eクルーザー級王座戦:ネヴィル(ch)vs.エンゾ・アモーレ(新チャンピオン!)

FWWEユニバーサル王座戦:ブロック・レスナー(ch)vs.ブラウン・ストロウマン
 初手パワー・スラムでレスナーがKO状態。
 通常ではありえない展開で
 ストロウマンの強大さを際立たせようというのは良い。
 レスナーが後手になりつつ
 どう戦術を持って戦局を変えようとするか、という見せ場はあり。
 ただストロウマン側へのブッカーの練りこみが不足。
 パワー・スラムはレスナーのジャーマン的位置づけにしているのでしょうか、
 中途半端でストロウマンを魅力的に描ききれていません。
 そしてF5の一発フィニッシュが台無し。
 ストロウマンならここで1回返して
 そこからのクライマックスでまだ魅せれたはず。
 平均より少し上。

 (執筆日:9/?/17)
DVD Rating:★☆☆☆☆

注目試合の詳細

なし

試合結果

@キックオフ・マッチ:エリアスvs.アポロ・クルーズ
@IC王座戦:ザ・ミズ(ch)vs.ジェイソン・ジョーダン
Aフィン・ベイラーvs.ブレイ・ワイアット
Bタッグ王座戦:ディーン・アンブローズ、セス・ローリンズ(ch)vs.シェーマス、セザーロ
C女子王座戦:アレクサ・ブリス(ch)vs.サーシャ・バンクスvs.ニア・ジャックスvs.エマvs.ベイリー
Dローマン・レインズvs.ジョン・シナ
Eクルーザー級王座戦:ネヴィル(ch)vs.エンゾ・アモーレ(新チャンピオン!)
FWWEユニバーサル王座戦:ブロック・レスナー(ch)vs.ブラウン・ストロウマン