TOPアメリカン・プロレスWWE 2015年 →WWE:Payback 5/17/15

WWE:Payback 5/17/15の分析


名勝負 なし
好勝負 なし

@キックオフ・マッチ:Rトゥルースvs.スターダスト
Aキックオフ・マッチ:ザ・アセンションvs.マッチョ・マンドウ、カーティス・アクセル
@シェーマスvs.ドルフ・ジグラー
Aタッグ王座戦、3本勝負:ニュー・デイ(ch)vs.タイソン・キッド、セザーロ
Bブレイ・ワイアットvs.ライバック

CUS王座戦、アイ・クイット・マッチ:ジョン・シナ(ch)vs.ルセフ
 シナはダウンしながら相手のリズムを作るも
 ルセフはそれに対してやや手数が多いイメージ。
 身軽なフライ系は意表を突いていて良いが、
 基本となる打撃技は一発一発絞って重みを出したかった。
 観客の反応の流れを踏まえてWe want Lanaのチャントに
 過剰反応をする場面が多々ありましたが、
 それならその隙にシナが復活したりしないと
 試合の中では無駄な要素でしかないですね。
 ルセフのアピール自体は割かし良かったですけど。
 鉄階段やエントランス横の機材、
 ターン・バックルから外してのロープ、と
 演出要素は盛りだくさんで十分に楽しめたものの
 シナvs.ウマガに比べると表面的なものに
 留まってしまっている感は否めない。
 中々良い試合。

Dタミーナ、ナオミvs.ベラ・ツインズ
Eネヴィルvs.キング・バレット

FWWE世界ヘビー級王座戦:セス・ローリンズ(ch)vs.ディーン・アンブローズvs.ローマン・レインズvs.ランディ・オートン
 フェイスとヒールのバランスが悪い中で、
 J&Jが公然と加わり3vs.3で始めたのは面白いものの
 出だしのネタであって試合を通した
 1要素ではなかったのは少々残念です。
 入れ替わりながら1対1で進行。
 どうしても試合運びの性質上セスはインパクト不足ですね。
 一方で深みの出てきたレインズはインパクト十分で、
 繋いでいく試合運びの中でも抑揚を出していました。
 オートンに対して元シールドが
 合体パワー・ボムを決めたシーンは
 この試合の一番の見どころでしょうが、
 正直いってそれをするだけの理由づけは感じれなかったですね。
 最後のセスのぺディグリー含めて
 全体的に構成上の有機的な結びつきが弱かったのが欠点。
 ただ部分部分で言えば、それぞれが輝くシーンはあるので
 メインとして最低限は楽しめるか。
 平均的な良試合。

 (執筆日:5/?/13)
DVD Rating:★☆☆☆☆

注目試合の詳細

なし

試合結果

@キックオフ・マッチ:Rトゥルースvs.スターダスト
Aキックオフ・マッチ:ザ・アセンションvs.マッチョ・マンドウ、カーティス・アクセル
@シェーマスvs.ドルフ・ジグラー
Aタッグ王座戦、3本勝負:ニュー・デイ(ch)vs.タイソン・キッド、セザーロ(2-1)
Bブレイ・ワイアットvs.ライバック
CUS王座戦、アイ・クイット・マッチ:ジョン・シナ(ch)vs.ルセフ
Dタミーナ、ナオミvs.ベラ・ツインズ
Eネヴィルvs.キング・バレット(リングアウト)
FWWE世界ヘビー級王座戦:セス・ローリンズ(ch)vs.ディーン・アンブローズvs.ローマン・レインズvs.ランディ・オートン