TOPアメリカン・プロレスWCW TV Matches→ WCW:TV Matches 1998

WCW:TV Matches 1998の分析


名勝負 なし
好勝負 なし

@クリス・ベノワvs.ディーン・マレンコ(1/12/98)
 この2人ならではの切れのあるレスリングですね。
 レスリングから投げ技&カウンターで中盤にシフト。
 更に丸め込み、必殺技で終盤の攻防を作り上げます。
 クオリティの高い内容ながら変化の乏しい大きな3段構築なので
 6分という短さが試合を押さえ込んでいましたね。
 中々良い試合。
 (執筆日:7/2/10)

Aクリス・ジェリコ、エディ・ゲレロvs.クリス・ベノワ、ディーン・マレンコ(Thunder 1/29/98)
 精力的な4人。
 相手に任せず一時も気を緩めず
 がんがん攻めあうので密度は飛び切り。
 6分という時間の関係上後半を省略しながら構築しているので、
 少し粗っぽい所もありますが、
 アクセントで色々な要素を盛り込んでいて見応えがありました。
 平均的な良試合。
 (執筆日:3/?/19)

Bエディ・ゲレロ、クリス・ジェリコvs.ディーン・マレンコ、チャボ・ゲレロJr.(2/9/98)
 ゲレロ兄弟ならではの攻防から始まると
 傲慢なジェリコがチャボに対して受け続け、
 そこからマレンコがテクニカルに捕ら、エディが不意打ち介入。
 4人が個性を発揮した素晴らしいセット・アップでしたね。
 逆に素晴らしすぎてそこから徐々に下降線を辿ったのが見えてしまいました。
 その大きな原因になっているのがマレンコ。
 チャボを立てなければいけない状況でモチベーションが上がりにくいのは分かるけど
 交代のタイミングを見誤っていたのはらしくないですね。
 上手く締めるためにタッチ後のボリュームが少ないだけにこのミスは痛かったです。
 しかしエディ、ジェリコはもっとタッグで活動して欲しかったな、と思わせる素晴らしい内容でした。
 好勝負に少し届かず。
 (執筆日:7/2/10)

Cクリス・ベノワvs.レイヴェン(3/16/98)
 華があるが技術に乏しいレイヴェンと技術はあるが華に乏しいベノワ。
 まったく正反対の2人ですが、試合の働きもまったく正反対です。
 終盤まではベノワが100%一方的な攻めですが、
 ベノワの激しさ、レイヴェンのプールサイドのリングという特殊な舞台環境を活かした移動しながら受け、
 これによって試合は面白くなっています。
 終盤はベノワの抵抗もあったが、レイヴェンが椅子を使って攻め100%。
 これまたレイヴェンが随分えぐくやり返して説得力がありました。
 beat the shit out ofというスラングが似合う試合内容。
 中々良い試合。

Dクリス・ベノワvs.フィンレー(6/15/98)
 そんなにたいしたスポットがある訳ではないが
 普通何の注意も払われずに行われるたいした事ないを強烈に行っている。
 特にフィンレーの喉への攻撃はえぐいですね。
 後半は細かい攻防の一進一退。
 "今やっている動きを全力で行う。"
 それはあくまで一生懸命やるという事の"一つ"の形でしかないが
 一生懸命の命がけでやる、ということがどのくらいのレベルなのかをベノワは体現している。
 中々良い試合。

Eブレット・ハートvs.ディーン・マレンコ(Nitro 11/23/98)
 ブレットができることがかなり限られていることは立会いからも分かります。
 それでもシンプリシティーを追及している。
 どこまで本物に近づけるか、どこまで真剣味を出せるか、
 2人はそこで勝負して戦えています。
 攻守の入れ替えのタイミングも適切で見応えがあった。
 中々良い試合。

Fクリス・ジェリコ、エディ・ゲレロvs.クリス・ベノワ、ディーン・マレンコ(Brian Pillman Tribute Show 11/29/98)
 ピルマンのトリビュートですが、
 いつもと変わりなくプロレスを追及することで追悼。
 TVとは違って試合時間を与えられてるので
 積み重ね量で浸透させていきます。
 ベノワの孤立シーンでは
 ゲレロ、ジェリコが腹狙いで筋を通したり、
 連携技で盛り上げています。
 タッチ成功後は必殺技交えてトルネード・タッグのような攻防。
 普段の不満を解消してましたね。
 ただ彼らの上手さという点では
 もっと活かす方法があったでしょうね。
 試合時間があるからこそ悪い意味でのゆとりもあった。
 好勝負に少し届かず。
 (執筆日:3/?/19)

Gエディ・ゲレロvs.レイ・ミステリオJr.(12/21/98)
 エディがLWOリーダーとして素晴らしいキャラを披露。
 ミステリオにフラストレーションをぶつけるような激しい攻め、侮蔑の言葉かけを行っています。
 しかしミステリオの反撃が一発で終わるし、スピードが足りないしで
 思ったよりクオリティは上がりませんでしたね。
 終盤も良くもここまでと思わせる程、印象深い攻防を次々と繰り出すも
 最後に待っているのはLWOメンバーの介入によるチープ・フィニッシュだし・・・。
 平均的な良試合。
 (執筆日:7/2/10)


注目試合の詳細

Aエディ・ゲレロ、クリス・ジェリコvs.ディーン・マレンコ、チャボ・ゲレロJr(2/9/98)
  控えがコーナーに行こうとする。
  エディがいきなりチャボに襲いかかる。
  場外に落とすとチョップ。
  柵に振ろうとする。
  チャボが振り返して柵にぶつける。
  リングに戻す。
  エディがリングに入ったチャボに蹴り。
  チョップにアッパーカート。
  チョップへ。
  チャボは避けるとチョップ。
  ロープに振ろうとする。
  エディが振り返しバック・ブリーカーへ。
  チャボは着地するとバック・ブリーカー。
  突進してきたエディをリープ・フロッグでかわすとショルダー・スルー。
  ドロップ・キック。
  拳を構える。
  エディはしりもちをついて命乞い。
  ジェリコにタッチする。
  ジェリコがアピール。
  組むとジェリコがヘッド・ロック。
  ロープに振られショルダー・スルー。
  アピールしてからロープに走る。
  チャボがリープ・フロッグからロープに走りヘッド・シザース。
  チョップ。
  コーナーに振ろうとする。
  ジェリコが振り返すと突進。
  チャボはかわすとドロップ・トー・ホールド。
  セカンド・ロープから飛びつきブルドッグ。
  交代したマレンコがジェリコをロープに振りレッグ・ラリアット。
  エディを殴り落とす。
  ジェリコをターン・バックルにぶつけ蹴り。
  フォア・アームズ。
  ジェリコが体勢を入れ替え打撃を入れる。
  マレンコが体勢を入れ替えフォア・アームズを連打。
  コーナーに振り突進。
  ジェリコはカウンターで蹴り。
  セカンド・ロープからドロップ・キック。
  マレンコはかわすとテキサス・クローバー・リーフ。
  エディがコーナーに上り後頭部にミサイル・キック。
  交代するとマレンコの頭部にドロップ・キック。
  ロープに振りフライング・バック・エルボー。
  頭部を踏み回転。
  アブナミドル・ストレッチを決める。
  ジェリコが手をつなぎ強化。
  マレンコがアーム・ドラッグに切り返す。
  エディがすぐにクローズライン。
  ジェリコにタッチすると2人でロープに振りショルダー・タックル。
  ジェリコがカバー。カウント2。
  ジェリコが滞空式ブレーン・バスター。
  踏みつけてアピール。
  ボディ・スラム。
  続けてエディがヒーロ。
  タッチしたジェリコがロープ越しに飛びボディ・プレス。カウント2。
  スナップ・メアを狙う。
  マレンコは耐えるとニーを連打。
  ブレーン・バスター。
  両者ダウン。
  エディがロープ越しに飛びマレンコにレッグ・ドロップ。
  ジェリコがエディにタッチ。
  2人はマレンコの脚に脚を絡めて倒れる。
  レフェリーはチャボに気をとられて見ていない。
  エディがマレンコをロープに振ろうとする。
  マレンコは振り返すと投げっぱなしのロープへのスタンガン。
  バック・ドロップを決め両者ダウン。
  エディがジェリコにタッチ。
  ジェリコがマレンコを殴り倒す。
  起こすとコーナーでチョップ。
  ロープに振ると蹴り。
  ダブル・アーム・バック・ブリーカー。
  カバーするもカウント2。
  ボディ・スラム。
  ロープに走りライオン・サルトへ。
  マレンコは避けて自爆させるとチャボにタッチ。
  チャボがジェリコにクローズライン。
  ロープに振りドロップ・キック。
  入ってきたエディにボディ・スラム。
  ドロップ・キックも決める。
  ジェリコにドロップ・キックを狙うもかわされ自爆。
  ジェリコ、エディがチャボにストンピング。
  ジェリコがチャボを羽交い絞め。
  エディがチャボを侮辱し張り手。
  ロープに走る。
  マレンコがロープ越しにニー。
  場外へのブレーン・バスターへ。
  エディがエプロンに着地し殴りあい。
  チャボがジェリコのバックを取りジャーマン。
  コーナーに上る。
  マレンコに殴り勝ったエディがチャボをリングに突き落とす。
  マレンコがエディを場外に引き摺り下ろし殴りつける。
  ジェリコがチャボにウォール・オブ・ジェリコを決めタップさせる!
  エディ、ジェリコの勝利!


Fブレット・ハートvs.ブッカーT(2/22/99)
  ブックが近づいてきたブレットの胸を突く。
  ブレットはそうかそうか、と意に介さず。
  組むとブックがコーナーに押し込む。
  クリーンに離れる。
  組むとブックがリスト・ロック。
  ブレットが回転するも起き上がれない。
  跳ね起きハンマー・ロック。
  ブックが強烈なバック・エルボー。
  ブレットは倒れると場外に転がり出る。
  ブックは入ってこいよ、とロープを下げる。
  レフェリーがブックを下がらせる。
  ブレットがリングに戻る。
  組むとブックがハンマー・ロック。
  ヘッド・ロック。
  ロープに振られショルダー・タックル。
  アーム・ドラッグを決め構えを取る。
  ブレットは場外に出る。
  リングに戻る。
  組むとブックがコーナーに押し込む。
  ブレットが体勢を入れ替え腹にパンチ。
  エルボーを打ち下ろす。
  殴りつける。
  腹にパンチ。
  スナップ・メアを決めチン・ロック。
  ブックはもがいて起き上がると腹にエルボー。
  ブレットがサミング。
  腹にパンチ。
  チョーク。
  コーナーに振ろうとする。
  ブックが振り返しクローズライン。
  コーナーに振りクローズライン。
  命乞いするブレットに蹴りを入れる。
  ロープに走りシザース・キック。
  カバー。カウント2。
  アーム・ロック。
  ブレットは起き上がるとロープに押し込む。
  (バック・ステージの映像に変わる)      
  ブレットが技を決めた直後の様子。
  カバー。カウント2。
  レフェリーに文句を言う。
  ロープへのスタンガン。
  ストンピング。
  セカンド・ロープにのると屈んだブックの背中にエルボーを打ち込む。
  ロシアン・レッグ・スイープ。
  カバー。カウント2。
  セカンド・ロープからエルボー・ドロップ。
  手だけで押さえてカバー。カウント2。
  場外に落とす。
  場外に下りるとエルボーを打ち下ろす。
  殴りつける。
  ブックが殴り返す。
  ブレットが殴ろうとする。
  ブックがガードし殴りつける。
  ブレットが近づいてきたブックの腹を椅子で突く。
  背中にヘッド・バッド。
  リングに戻す。
  余裕でアピール。
  バック・ブリーカーを決めカバー。カウント2。
  両脚を取ると腹にヘッド・バッド。
  ストンピング。
  コーナーでチョーク。
  コーナーに振る。
  ブックが近づいてきたブレットにバック・エルボー。
  クローズラインを決める。
  両者ダウン。
  ブレットがほんの少し早く起き上がる。
  サミング。
  バック・ドロップ。
  レッグ・ドロップ。
  もう1発。
  3発目。
  ロープを使ってストンピング。
  そのまま喉に足を押し付ける。
  シャープ・シューターを狙う。
  ブックがロープを掴んで耐える。
  ブレットが強引に反転させようとする。
  ブックが丸め込む。カウント2。
  ブレットがブックの顔をロープにこすりつける。
  ブックの腹にパンチ。
  ボディ・スラム。
  4の字を決める。
  ブックは両肩がつくもカウント2で耐え続ける。
  反転させることに成功。
  ブレットがロープを掴む。
  ブレットがブックを起こすとロープにもたれさえチョーク。
  ロープに振りクローズラインへ。
  ブックが避けフライング・フォア・アームズ。
  ブックが近づいてきたブレットに蹴り。
  後頭部にスピン・キック。
  サイド・スラム。
  スピン・ア・ルーニーで起き上がる。
  コーナーに上る。
  ブレットが起き上がりブックの体勢を崩す。
  トップ・ロープからスーパープレックス。
  両者ダウン。
  シャープ・シューターを決める。
  ブックがロープを掴む。
  ロープを使って腰にヒップ・ドロップ。
  ブックを起こすとロープに振ろうとする。
  ブックが振り返しショルダー・スルーを狙う。
  ブックが座り込んで1,2,3!
  ブックの勝利! 


Gシコシスvs.フベントゥー・ゲレラvs.レイ・ミステリオvs.ブリッツクリーグ(4/19/99)
  ゴングが鳴るなりフービーがミステリオにサイコシスがリーグに襲いかかる。
  サイコシスに殴られ動きの止まったリーグにフービーがクローズライン。
  サイコシスがリーグにフェイス・バスター。
  フービーはミステリオをロープに振ると担いでフェイス・バスター。
  サイコシスがミステリオにストンピング。
  喉に脚を押し当てる。
  サイコシスがリーグを、フービーがミステリオを振ってぶつける。
  サイコシスがミステリオに蹴り。
  喉に足を押し当てる。
  2人で反対コーナーのリーグの方に振る。
  リーグはショルダー・スルーでミステリオをエプロンに移動させる。
  サイコシスが突進。
  リーグがかわすとサイコシスは鉄柱に激突。
  リーグがフービーにニール・キック。
  フービーがリーグに蹴りをいれパワー・ボムへ。
  リーグは持ち上げられながらもパンチで抵抗。
  ミステリオがスプリングボード式スワントーンをリーグに決める。
  フービーがリーグをカバー。
  ミステリオがカット。
  サイコシスがミステリオにクローズライン。
  サイコシスがミステリオをフービーの方に振りフービーが場外へのショルダー・スルー。
  サイコシスがリーグをロープに振りフービーが持ち上げる。
  サイコシスがミサイル・キック。
  リーグがエルボー・ドロップでカバー。
  ミステリオがカット。
  サイコシスがミステリオに低空ドロップ・キックを決め蹴りだす。
  サイコシスがリーグをレイザーズ・エッジの体勢に持ち上げる。
  フービーがコーナー上から飛びレッグ・ドロップを狙う。
  リーグがもがいて逃れたためサイコシスに誤爆。
  リーグはフービーに殴りかかりスピン・キック。
  コーナーに振りクローズライン。
  ミステリオがフービーにアラビアン・プレス。
  サイコシスがカット。
  リーグにバック・エルボー。
  フービーを起こして気遣うもいきなりクローズライン。
  蹴り。
  ロープに振ると打ち上げフェイス・バスター。
  ロープに走りニール・キック。
  ミステリオがサイコシスに、リーグがフービーにドロップ・キックを決め落とす。
  ミステリオ、リーグはロープに走るとスライディング・キック。
  リーグがフービーにアサイ・ムーンサルト。
  ミステリオもサイコシスにダイブ。
  リーグがリングに戻りアピール。
  エプロンに上がってきたミステリオに殴りかかりターン・バックルにぶつけようとする。
  ミステリオは防ぐと殴りつけロープに打ち付ける。
  コーナーに上り飛ぶ。
  リーグがカウンターでドロップ・キック。
  ロープに走りセントーン。
  もう1発決めカバー。カウント2。
  チョップ。
  ロープに振る。
  ミステリオはその先のエプロンにいたサイコシスを殴り落とす。
  フービーが背後からこっそりコーナーに上りリーグにミサイル・キック。
  リーグが場外に吹っ飛びダウン。
  ミステリオが後ろに立つ。
  ひるんだフービーに殴りかかりロープに振ろうとする。
  振り返されるもヘッド・シザース。
  ラ・ケプラーダ。
  サイコシスがカット。
  フービーをカバー。
  ミステリオがドロップ・キックでカット。
  サイコシスは場外に吹っ飛ぶ。
  リーグと殴り合い。
  ミステリオがフービーをロープに振る。
  フービーはボディ・シザースで飛びつく。
  失敗するも強引にフェイス・バスター。
  カバー。カウント2。
  フービー・ドライバーだとアピール。
  ミステリオを起こすとフービー・ドライバーへ。
  ミステリオが後ろに着地しドラゴン・スリーパー。
  引っ張り上げようとする。
  フービーが後ろに着地しファイナル・カット。
  サイコシスがミステリオにダイビング・ボディ・プレス。
  フービーが気づいてカウント2でカット。
  リーグがフービーを殴りつけチョップ。
  場外に連れて行き鉄柱にぶつける。
  ミステリオはサイコシスをコーナーにのせると雪崩式ブルドッグ。
  エプロンに出ると変形アラビアン・プレス。カウントは2。
  フービーがリングに入りミステリオを起こそうとする。
  そこにリーグがスプリングボード式ドロップ・キック。
  (CM)
  ミステリオがサイコシスを、リーグがフービーを振りぶつけようとする。
  フービーがスライディングで股下を抜ける。
  サイコシスがその先にいたリーグに蹴り。
  ミステリオがフービーをロープに振る。
  フービーがヘッド・シザース。
  サイコシスはリーグを持ち上げ腹から落とす。
  ロープに走るとドロップ・キックを決め落とす。
  フービーをロープに振りクローズラインへ。
  フービーはかわすと場外の2人にトペ・コンヒーロ。
  サイコシスが3人にコーナー上からダイブ。
  フービーをリングに戻す。
  コーナーに振ろうとする。
  フービーが振り替えし突進。
  カウンターでショルダー・スルーを食らうもエプロンに着地。
  髪をつかんで倒すとコーナーに上る。
  飛びつきヘッド・シザース。
  カバーするもミステリオがカット。
  ミステリオがフービーにパワー・ボム。
  カバーするもサイコシスがカット。
  リーグがサイコシスに4の字。
  ミステリオがスプリングボード式ドロップ・キックでカット。
  フービーがサイコシスにスプリングボード式レッグ・ドロップでカバー。カウント2。
  ミステリオがサイコシスをロープに振ろうとする。
  サイコシスは振り返すとバック・ブリーカー。
  カバー。カウント2。
  フービーがリーグをロープに振ろうとする。
  リーグが振り返す。
  フービーは股下を抜けるとバックを取る。
  リーグがバックを取り返しジャーマンへ。
  フービーが着地すると蹴り。
  ライガー・ボムを決めるも自身も疲れてダウン。
  ミステリオがリーグをカバー。
  サイコシスがカットする。
  ミステリオがサイコシスをコーナーに乗せると雪崩式ハリケーン・ラナ。
  カバー。
  サイコシスがカット。
  サイコシスがリーグに変形ブレーン・バスターを決めカバー。カウント2。
  フービーがリーグにフービー・ドライバーを狙う。
  リーグが逃れスナップ・メアDDTを狙う。
  フービーが抵抗しネック・ブリーカー。
  ミステリオがフービーにドロップ・キックを決め落とす。
  リーグにフォア・アームズを連打しコーナーに崩れさせる。
  ブロンコ・バスターを決める。
  サイコシスにもブロンコ・バスター。
  コーナーでアピール。
  フービーが隙をついてミステリオを捕まえランニング・パワー・ボムを狙う。
  ミステリオがハリケーン・ラナに切り返す。
  サイコシスがミステリオにラ・マヒストラルを決める。
  リーグがカット。
  サイコシスにラ・マヒストラル。
  ミステリオがドロップ・キックでカット。
  フービーがミステリオをロープに振る。
  ミステリオは619で止まる。
  フービーが突進。
  カウンターでショルダー・スルーを食らうもエプロンに着地。
  ロープへのスタナー。
  スプリングボード式ドロップ・キックを決める。
  リーグがサイコシスの喉に脚を押し当てる。
  サイコシスは蹴り飛ばすとロープに走る。
  気づいていないフービーにクローズラインを決め場外に落とす。
  サイコシスはリーグにバック・ドロップを狙う。
  リーグは後ろに着地するとソバット。
  ボディ・スラム。
  フェニックス・スプラッシュを決めるもフービーがカット。
  フービーがリーグにフービー・ドライバーを狙う。
  リーグが逃れパワー・ボムを狙う。
  フービーが逃れフービー・ドライバー。
  カバーするもミステリオがカット。
  ミステリオがフービーをロープに振ろうとする。
  振り返されたのでハリケーン・ラナを狙うも飛び上がれない。
  強引にフェイス・バスター。
  ロープに振るとハリケーン・ラナを狙う。
  フービーが抵抗したため場外に道連れで転落。
  サイコシスがコーナーのリーグに突進。
  リーグがかわすとサイコシスは一回転してコーナーに激突。
  リーグはサイコシスをコーナーに乗せるとスーパープレックスを狙う。
  サイコシスがフェイス・バスターに切り返す。
  ダイビング・レッグ・ドロップ。
  カバーし1,2,3!
  サイコシスが新チャンピオンに!
  フービーとミステリオは場外でやりあっていて気づかず。


試合結果

@クリス・ベノワvs.ディーン・マレンコ(1/12/98)
Aクリス・ジェリコ、エディ・ゲレロvs.クリス・ベノワ、ディーン・マレンコ(Thunder 1/29/98)
Bエディ・ゲレロ、クリス・ジェリコvs.ディーン・マレンコ、チャボ・ゲレロJr.(2/9/98)
Cクリス・ベノワvs.レイヴェン(3/16/98)
Dクリス・ベノワvs.フィンレー(6/15/98)
Eブレット・ハートvs.ディーン・マレンコ(Nitro 11/23/98)
Fクリス・ジェリコ、エディ・ゲレロvs.クリス・ベノワ、ディーン・マレンコ(Brian Pillman Tribute Show 11/29/98)
Gエディ・ゲレロvs.レイ・ミステリオJr.(12/21/98)
Hエディ・ゲレロ、フベントゥー・ゲレラvs.ビリー・キッドマン、レイ・ミステリオJr.(Nitro 12/28/98)