TOPアメリカン・プロレスImpact Wrestling 2019年 →Impact Wrestling:Slammiversary 7/8/19

Impact Wrestling:Slammiversary 7/8/19の分析


名勝負 なし
好勝負 Xディビジョン王座戦:リッチ・スワン(ch)vs.ジョニー・インパクト

インパクト王座戦:ケイジ(ch)vs.マイケル・エルガン

サミ・キャリハンvs.テッサ・ブランチャード

@ウィリー・マックvs.TJP vs.トレイ・ミゲルvs.ジェイク・クリスト
Aタッグ王座戦:ザ・ノース(ch)vs.LAX、ラスカルズ
Bファースト・ブラッド・マッチ:エディ・エドワーズvs.キラー・クロス
Cムースvs.ロブ・ヴァン・ダム

Dノックアウツ王座戦、モンスターズ・ボール・マッチ:タヤ(ch)vs.ローズマリーvs.スー・ヤンvs.ハヴォック
 椅子、ステイプル・ガン、ゴミ箱、チェーン、ラダー、画鋲、テーブル。
 ハードコアで思いつく定番凶器を網羅していますね。
 Slammiversaryということで力を入れてきましたね。
 4ウェイとしての整理は特に高いレベルではないですが、
 1対1の繋ぎ方としては予想以上に上手くやっています。
 フィニッシュへの流れも良かった。
 中々良い試合。

EXディビジョン王座戦:リッチ・スワン(ch)vs.ジョニー・インパクト
 インパクトがセコンド含めて
 ヒールらしさを大判振る舞い。
 結構こてこてですが、
 スワンの気持ちよい攻めを阻害していませんね。
 そしてインパクトも技にシフト・チェンジすると印象的な技使い。
 Sフライの後にスタンディングSフライを加えたりと
 ここに来て、また一段と熟練味が増した印象があります。
 スワンもノリにノってフィニッシュまで突っ走りきりました。
 試合運びが見事にはまって齟齬のない素晴らしい試合でした。
 ぎりぎり好勝負。

Fインパクト王座戦:ケイジ(ch)vs.マイケル・エルガン
 アピールを混ぜつつもハイテンポを意識しながら
 機動力あるパワー・ファイター同士の肉弾戦を展開。
 場外挟んで少し変調させつつ、
 疲労感を少し出しつつも
 かける時間に対して圧倒的な負荷量、攻防量は目を見張る所があります。
 密度がありすぎて印象に残るフックに乏しい所はありますが、
 しっかり技セットある両者で最低限の形はついている。
 リマッチに期待したいところですが、
 試合後の謎のマスクマン(ライノ)がエルガンにゴアを決めたということはなしかな。
 文句なしに好勝負。

Gサミ・キャリハンvs.テッサ・ブランチャード
 テッサがトペ連発も
 サミが捕まえてフェンスに振り回してぶつけ場外DVD。
 テッサだから大丈夫だと信じてやっているのだろうけど
 それを考慮して尚容赦なさ過ぎる攻め。
 求められている役回りを見事にこなしていますね。
 ただテッサから受けるダメージ感はもう少し軽くしても良いですね。
 そうすると試合展開はもっとナチュラルにできるし、
 攻防量も増えてテッサの魅力がもっと引き出せるでしょう。
 表現力自体はテッサやや拙いですからね。
 バット攻撃からギアがあがってクライマックス。
 最後は思わぬバッド・エンドでしたが、素晴らしい試合内容でした。
 ぎりぎり好勝負。


 (執筆日:7/?/18)
Rating:★★★★☆

注目試合の詳細

なし

試合結果

@エース・オースチンvs.ピティ・ウィリアムスvs.ジェイク・クリストvs.エイデン・プリンスvs.カズン・ジェイクvs.エディ・エドワーズ
Aスカーレット・ボーデックスvs.ロヒット・ラジュー
Bムース、ザ・ノースvs.ラスカルズ
Cノックアウツ王座戦:タヤ(ch)vs.ジョダイン・グレイス
DXディビジョン王座戦、oVeルールズ:リッチ・スワン(ch)vs.サミ・キャリハン
Eテッサ・ブランチャードvs.ゲイル・キム
Fインパクト王座戦:ジョニー・インパクト(ch)vs.ケイジ(新チャンピオン!)
Gタッグ王座戦、フル・メタル・メイヘム:ルチャ・ブラザーズ(ペンタゴンJr.、レイ・フェニックス)(ch)vs.LAX(サンタナ、オーティズ)