TOPアメリカン・プロレスROHROH 2020年 →ROH:Best of ROH 2020

ROH:Best of ROH 2020の分析


名勝負 なし
好勝負 トリオス王座戦:ヴィレイン・エンタープライジズ(マーティ・スクール、ブロディ・キング、フリップ・ゴードン)(ch)vs.バンディード、フラミータ、レイ・ホーラス(1/11/20)

プルービング・グラウンド:ジェイ・リーサル、ジョナサン・グレシャム vs.メキシブラッド(バンディード、レイ・ホーラス)(2/29/20)

@トリオス王座戦:ヴィレイン・エンタープライジズ(マーティ・スクール、ブロディ・キング、フリップ・ゴードン)(ch)vs.バンディード、フラミータ、レイ・ホーラス(1/11/20)
 (TV 1/29/20でも放送)
 定番で間違いないトリオ・ワークですね。
 VEのヒール・テイストと
 バンディード組のルチャ・ムーブが良い化学反応を見せました。

 フラミータが加入したことで
 ROHのルチャ組みにまた幅が生まれた気がしますね。

 トリオにしかないものを追求。
 既視感を与えずフレッシュにやりぬきました。
 
 ぎりぎり好勝負。

Aブリスコ・ブラザーズvs.メクサブラッド(バンディード、フラミータ)(2/9/20)
 コントロールの奪い合いを制したのはブリスコズ。
 椅子を使ってトペコンを決める等
 荒々しさの色づけも流石です。

 一方のメクサブラッドは連携技は見応えがあるものの
 孤立の見せ方等タッグの基本の部分で
 ブリスコズに対して物足りない所はありますね。

 ブリスコズのセコンドが絡む精度が見事で
 良くも悪くもブリスコズに終始感心する内容でした。

 好勝負に少し届かず。

Bプルービング・グラウンド:ジェイ・リーサル、ジョナサン・グレシャム vs.メキシブラッド(バンディード、レイ・ホーラス)(2/29/20)
 リーサル、グレシャムが奇襲を仕掛け
 バンディードの足を攻めて孤立させます。

 その攻め方はこじんまりしないように
 機能的に作っていて攻防もスリリングです。

 メキシブラッドも攻守のバランス良く
 両チーム非常に一致した状態で試合が進みました。

 自由闊達な攻防は最後まで続き見事な幕引き。
 序盤ショートカットしてるので試合時間自体は12分と短めですが
 かなり充実していましたね。

 ぎりぎり好勝負。
 (執筆日:3/?/20)


注目試合の詳細

なし

試合結果

@トリオス王座戦:ヴィレイン・エンタープライジズ(マーティ・スクール、ブロディ・キング、フリップ・ゴードン)(ch)vs.バンディード、フラミータ、レイ・ホーラス(新チャンピオン!)(1/11/20)
Aブリスコ・ブラザーズvs.メクサブラッド(バンディード、フラミータ)(2/9/20)
Bプルービング・グラウンド:ジェイ・リーサル、ジョナサン・グレシャム vs.メキシブラッド(バンディード、レイ・ホーラス)(2/29/20)