TOPアメリカン・プロレスROHROH 2019年 →ROH:Best of ROH 2019 part.3

ROH:Best of ROH 2019 part.3の分析


名勝負 なし
好勝負 アレックス・シェリーvs.ジョナサン・グレシャム(10/12/19)

ルーシュ、ドラゴン・リーvs.ライフブラッド(マーク・ハスキンス、トレイシー・ウィリアムス)(11/3/19)

@アレックス・シェリーvs.ジョナサン・グレシャム(10/12/19)
 シェリー復帰はROHにとって大きいですね。
 テクニカル感はそのままで、
 少しぎこちなさはあるものの決して耳障りな不協和音ではない。
 グレシャムもパズル・ワークで相手を崩し、
 それぞれ良い意味で自分のターンが来れば自分勝手にやるプロレス。

 目まぐるしい演舞をポイントで入れるなど
 独自性の演出も良いですね。

 グレシャムがシェリーを上回る腕攻めで
 一段深みに入る後半も自由に攻防。
 自由だからこそ盛り上がりにくい側面はあるものの
 盛り上がるだけの試合なら他のレスラーにもできる。
 この2人にしかできない試合をしたことが重要。

 ぎりぎり好勝負。

Aジョナサン・グレシャムvs.ジェイ・ブリスコ(10/25/19)
 ジェイがラフで自分のペースに引き込みます。
 グレシャムは受け手として腕攻めを試みるもジェイ優勢。

 チャレンジ・マッチのような様相ですが、
 ジェイはこういうマン・アップの見せ方に関しては
 一番分かっているので役回りを貫徹。

 シーンごとにちゃんと記憶に残しながら試合をしていましたね。
 好勝負に届かずも中々良い試合。

Bフラミータvs.マイク・ベイリー(10/27/19)
 ベイリーがリアクションの動き出しを早くして
 フラミータのリズムをサポートしていますね。

 フラミータはトペから脚攻め。
 分かりやすい展開作りしていますが、
 脚攻め自体はシーンを流す為だけのもので浅く課題あり。
 ただ根気強く行っているのは良いし、
 ベイリーはそれを拾うための試合運びで応えている。

 ベイリーの献身が光りました。
 フラミータはROHに継続参戦して欲しいが、
 少し体を絞って欲しいですね。

 好勝負に届かずも中々良い試合。

Cルーシュ、ドラゴン・リーvs.ライフブラッド(マーク・ハスキンス、トレイシー・ウィリアムス)(11/3/19)
 ライフブラッドの連携からリーの孤立に。
 ハスキンスがテクニカルに腕を攻め、
 華やかさだけでない見所を作り出します。
 
 ルーシュはUSタッグの枠組みではそんなに動けなくても
 新しい風をROHに吹き込んでいるのは確かで
 落ち着きがちな中盤や連携技で流す所に
 荒々しさを同居させている。

 ライフブラッドの勢いある連携は
 ハスキンスのシングル時の良さがそのまま出ていて、
 ルーシュ、リーとも波長が合っているので見応えがありました。
 ハスキンスとこの2人とのシングルも是非見てみたいですね。

 ぎりぎり好勝負。
 (執筆日:11/?/19)

注目試合の詳細

なし

試合結果


@アレックス・シェリーvs.ジョナサン・グレシャム(10/12/19)
Aジョナサン・グレシャムvs.ジェイ・ブリスコ(10/25/19)
Bフラミータvs.マイク・ベイリー(10/27/19)
Cルーシュ、ドラゴン・リーvs.ライフブラッド(マーク・ハスキンス、トレイシー・ウィリアムス)(11/3/19)