TOPアメリカン・プロレスROHROH 2019年 →ROH:Best of ROH 2019

ROH:Best of ROH 2019の分析


名勝負 なし
好勝負 なし

@ヴィレイン・エンタープライジーズ(マーティ・スクール、ブロディ・キング、PCO)vs.サイラス・ヤング、ブリスコ・ブラザーズ(1/13/19)
 ブレイクしたPCOが遂にROH進出。
 VEのメンバーとしたのが良い選択ですね。
 試合はVEがリングを制圧。
 トリオらしい印象的な絵を作っていきます。
 ブリスコズが即座にやり返してスクールを孤立させます。
 構築的にはヒールが主導権握るほうが盛り上がりますが
 まだ経験が浅いトリオですからブリスコズ主導で作るのは正解。
 ホット・タッグからビッグ・マンのブロディがトペコン。
 続いてPCOがダイブ。
 これはやっている側のヒールでも大きく盛り上がります。
 一部テンポが落ちて勿体無い所もありましたが、
 PCOがエプロンでのカナディアン・デストロイヤーを受けたり、
 テーブルまで出てきたりと予想を超える演出でやりきりました。
 好勝負に少し届かず。

ATV王座戦:ジェフ・コブ(ch)vs.シェイン・テイラー(3/15/19)
 TV放送で成功したマッチアップ。
 記念大会でリマッチという抜擢を受けることに。
 ゼロ距離のショルダー・タックル耐えあいますが、
 普通にロープに走って迫力を出せば良いのに。
 TVに比べれば試合時間が倍近く(といっても13分ですが)
 になっていることもあって疾走感がやり足りないですね。
 それでもテイラーがスティーン的な
 口を使った試合運びで資質を見せていたり、
 コブがポイントを絞った投げで王座然としていたりと見所は多い。
 重い技を打ち合って自然な消耗感が演出されていました。
 好勝負に届かずも中々良い試合。

BROH王座戦:ジェイ・リーサル(ch)vs.マット・テイヴェン(3/15/19)
 遺恨戦らしく打撃ベースで試合開始。
 一方で中途半端にレスリングを混ぜたりと
 方針は不明瞭で攻防の必然性が弱いです。
 スピン・キックを炸裂させたテイヴェンが主導権を握ります。
 8分経過。
 CMLLで煽り能力を身に着けたので、
 時間をかけた試合運びができるようになっている。
 15分経過した所でリーサルがトペを叩き込むも
 テイヴェンが反撃を許さず腕攻め。
 ロング・マッチありきの展開ながら
 しっかりと腰を据えて見える内容になっていますね。
 30分を前にしてリーサルがダイビング・エルボーを狙った所で
 キングダムが介入もハスキンス、トレイシーらが現れてセコンド消失。
 このリフレッシュからフィニッシャーの攻防になりますが、
 ここで一気にまとめて40分前半の試合にしていたらまだ良かった。
 しかしフィニッシャーを不用にカウント2で返し合い、
 テーブル葬を繰り返す展開で、
 試合時間を引き延ばすための攻防を延々。
 決着がつかない理由が弱く、60分の試合時間にするための
 激化した攻防にしか見えませんでした。
 この2人なら60分時間切れよりも
 アイアン・マン・マッチの形式の方が適切でしたね。
 60分試合をやってくれたのは嬉しいものの
 クオリティとしては平均的な良試合程度。

Bタッグ王座戦、ストリート・ファイト:ブリスコ・ブラザーズ(ch)vs.ヴィレイン・エンタープライジーズ(PCO、ブロディ・キング)(3/15/19)
 椅子チャンバラから始まるとテーブル葬。
 派手な展開付けを序盤から組み込み、
 今ホットなPCOの魅力も出せています。
 ブリスコズもハードコアはお手の物ですね。
 それに比べるとブロディはもう少し
 手に負えない怪物として振舞いたいところ。
 ジェイ、PCOも流血して最後まで
 しっかりとテンションを維持してやりきりました。
 好勝負に少し届かず。
 
 (執筆日:3/?/19)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@ヴィレイン・エンタープライジーズ(マーティ・スクール、ブロディ・キング、PCO)vs.サイラス・ヤング、ブリスコ・ブラザーズ(1/13/19)
ATV王座戦:ジェフ・コブ(ch)vs.シェイン・テイラー(3/15/19)
BROH王座戦:ジェイ・リーサル(ch)vs.マット・テイヴェン(60分時間切れ)(3/15/19)
Cタッグ王座戦、ストリート・ファイト:ブリスコ・ブラザーズ(ch)vs.ヴィレイン・エンタープライジーズ(PCO、ブロディ・キング)(新チャンピオン!)(3/15/19)