TOPアメリカン・プロレスGCW →GCW:GCW Matches 2021part.2

GCW:GCW Matches 2021 part.2の分析


名勝負 なし
好勝負 なし

@GCW王座戦、バンクハウス・ブロウル:ニック・ゲイジ(ch)vs.マンス・ワーナー(6/19/21)
 マンスが奇襲を仕掛けドア葬。
 場外乱戦に移っていきます。

 拳も凶器も一定以上の質・テンションを保っていて
 バクハウス・ブロウルの雰囲気感もありますね。
 マンスの良さが出ています。

 対するゲイジはやや省エネ感はあるものの
 ピザ・カッターで観客を一気に沸点まで持って行くアピール力は流石。

 火炎ドアへのスパイン・バスターで火が消えないアクシデントもありつつ
 凄いとまで言わせるには少々物足りなさが残った内容です。
 ただ、そこはマンスがこういう試合も出来つつ、
 あくまで本業デス・マッチ・ファイターでないので仕方ないかと。

 中々良い試合。

 (執筆日:8/?/21)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@GCW王座戦、バンクハウス・ブロウル:ニック・ゲイジ(ch)vs.マンス・ワーナー(6/19/21)