TOPアメリカン・プロレスCZWCZW 2017年 →CZW:Best of CZW 2017

CZW:Best of CZW 2017の分析


名勝負 なし
好勝負 デイヴ・クリストvs.サミ・キャリハン(1/14/17)

@デイヴ・クリストvs.サミ・キャリハン(1/14/17)
 トペを打たれた直後に打ち返すような
 機動力を活かした攻め合い。
 この無茶苦茶なファイトはOI4Kのお家芸ですね。
 最初はジェイクとサミがやっていたものですが、
 最近はジェイクが引いてデイヴが台頭してこういう形になっていますね。
 当然ジェイクとデイヴは違いますが、
 途中から試合構成でスポットの配置に気を使う所はデイヴらしく、
 自分の良さを絡めて再構築して見せたところに
 最近重用されているだけの自力を感じさせます。
 ぎりぎり好勝負。

AProgressアトラス王座戦、wXwショットガン王座戦:デイビッド・スター(Sh ch)vs.マット・リドル(At ch)(2/11/17)
 リドルらしいレスリングとリングを広く使った構築、と
 ある意味いつもの良い流れ、と思っていたら
 急遽スターが張り手を叩き込んでいく異質なシーンへ。
 スターがリドルのMMA的世界に踏み込んできたことから
 ダブル・タイトル戦らしい熱と熱のぶつかり合いが演出されました。
 MMA要素はそのシーンだけなのですが、
 その後はプロレスでしかありえない要素、
 レフェリーの制止を聞かず、
 むしろレフェリーさえ相手を倒すのに利用する
 試合ではない潰しあいは特別な面白みがありました。
 裁定自体はダブルDQながら一応カウント3でまとまって いるのも好印象です。
 中々良い試合。

BBotB16決勝:デイヴ・クリストvs.シェイン・ストリックランド(4/1/17)
 ビッグ・ブーツ相打ちからスタートすると
 立てはしないまでもラダーを絡めたスポットに
 場外ボディ・スラムなどハードコアなやり取りを序盤に詰め込みます。
 少なからず連戦で疲れがある中で
 ハードコアな受身をさせれば
 当然スポット一発一発を上手く使っての構築にならざるを得ません。
 BotB決勝にふさわしいこの両者を
 かえって押さえ込んでしまったこの演出はやや残念です。
 中々良い試合。

 (執筆日:6/?/17)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@デイヴ・クリストvs.サミ・キャリハン(1/14/17)
AProgressアトラス王座戦、wXwショットガン王座戦:デイビッド・スター(Sh ch)vs.マット・リドル(At ch)(ダブルDQ)(2/11/17)
BBotB16決勝:デイヴ・クリスト(優勝!)vs.シェイン・ストリックランド(4/1/17)