TOPアメリカン・プロレスどインディー →VxF:Best of VxF 2021

VxF:Best of VxF 2021の分析


名勝負 なし
好勝負 なし

@ハウス・オブ・ホラーズ・デス・マッチ:AJグレイvs.マット・トレモント(1/7/21)
 蛍光灯の初使用まで焦らしますが、
 グレイが形を整えることができず。
 もう少し動きにもキレがあった印象ですけどね。

 トレモントも十分なリードを見せず。
 
 一定ラインを超えただけで
 あくまで普段通常プロレスをしている人が
 デス・マッチで頑張った、という域を出ません。

 ただ後半リングに戻ると蛍光灯の叩きつけ合い。
 シーンとして十分打ち合った後も
 止めずに更に打ち合って、最後には高所スポット。

 終盤で大きく跳ねさせて激戦の印象を作りました。

 中々良い試合。

Aピュア・ルールズ:ダニエル・ガルシアvs.マーシャ・スラモヴィッチ(7/3/21)
 マーシャのヘッド・スプリングやブリッジ。
 真っ直ぐレスラーとしての強みを見せようとする試みは
 ガルシアの同化っぷりと対比的で両者を際立たせます。

 一方でマーシャが背中への蹴りの耐え合いを求める等
 ハード・ヒットを中盤の主軸に。
 この流れの中でガルシアが道化っぷりを不必要に継続させず、
 厳しく怖い見せ方にシフトしたのは素晴らしかったですね。
 視線の置き方、ふとした間の取り方に感心します。

 マーシャもぶれずに、自分のやりたいことを追求。

 技の攻防に写っても緊密感が落ちず、
 両者の魅力を最大に高めて落しどころをつけた
 クライマックスの攻防は実にお見事でした。

 好勝負に少し届かず。
 (執筆日:8/?/21)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@ハウス・オブ・ホラーズ・デス・マッチ:AJグレイvs.マット・トレモント(1/7/21)
Aピュア・ルールズ:ダニエル・ガルシアvs.マーシャ・スラモヴィッチ(7/3/21)