TOPアメリカン・プロレスどインディー →PCW:Best of PCW 2018

PCW:Best of PCW 2018の分析


名勝負 なし
好勝負 ライト・ヘビー級王座戦:シェイン・ストリックランド(ch)vs.ダービー・アレン(10/26/18)

@ライト・ヘビー級王座戦:シェイン・ストリックランド(ch)vs.ドラゴン・リー(6/8/18)
 まずはリーがフェイク・ダイブ・アピール。
 ストリックランドは飄々と
 王者然として自分の土俵に引き込んでいきます。
 良い試合運びながらリーの存在価値は余りないか。
 リーが適切な反撃を始めると
 その後は見ごたえのある攻防を繰り広げました。
 中々良い試合。
 (執筆日:6/?/18)

Aライト・ヘビー級王座戦:シェイン・ストリックランド(ch)vs.ダービー・アレン(10/26/18)
 アレンが積極的に仕掛け。
 少し決まりの緩いムーブもあるが、
 序盤から詰め込まれたアクションで掴みます。
 簡単に主導権を渡さないアレンに対し
 ストリックランドはしっかり腹への攻めを重ねると鉄柱にほうり捨て。
 フェンス攻撃と続けて、
 アレンのアンダードッグ性を活かす狙いかと思いきや、
 アレンもフェンス攻撃をやり返して反撃。
 ストリックランドがコントロールできない程の攻撃性で驚かせます。
 十分なアクション量でしたが、
 自らの攻めで痛めたストリックランドの脚を
 ブーツを脱がせて壊しに行くという終盤の展開が更にギアを上げました。
 予想以上の内容でしたが、
 この内容なら普通のフィニッシャーは余りにも似つかわしくない。
 クイックとか少し変則にすれば更に良かった。
 ぎりぎり好勝負。

BPCW ULTRAヘビー級王座戦:ペンタ・エル・ゼロ(ch)vs.シェイン・ストリックランド(12/7/18)
 打撃で荒々しくぶつかり合って雰囲気を作ります。
 ストリックランドは引き出しの数を見せ付け、
 まさに最強の挑戦者足りえています。
 ペンタも遅まきながら大技で自分のペースに。
 腕の壊しあいやエプロン技の攻防など見所は多く、
 王座戦らしいボリュームのある内容になっています。
 最後は良くも悪くも唐突ではありますが、
 マスク剥ぎ丸め込みで王座交代劇をサプライズ演出しました。
 好勝負に届かずも中々良い試合。
 (執筆日:1/?/19)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@ライト・ヘビー級王座戦:シェイン・ストリックランド(ch)vs.ドラゴン・リー(6/8/18)
Aライト・ヘビー級王座戦:シェイン・ストリックランド(ch)vs.ダービー・アレン(10/26/18)
BPCW ULTRAヘビー級王座戦:ペンタ・エル・ゼロ(ch)vs.シェイン・ストリックランド(新チャンピオン!)(12/7/18)