TOPアメリカン・プロレスどインディー →LW:Best of LW 2021 part.2

LW:Best of LW 2021 part.2の分析


名勝負 なし
好勝負 LW世界王座戦:ダニエル・ガルシア(ch)vs.ジェイク・サムシング(7/8/21)

LW世界王座戦:ダニエル・ガルシア(ch)vs.JDドレイク(8/28/21)

@LW世界王座戦:ダニエル・ガルシア(ch)vs.ジェイク・サムシング(7/8/21)
 大柄なジェイク相手に円弧を描いて距離をとり、
 場外で間を置いて準備運動したり、とガルシア劇場でスタート。

 レスリング時のポジショニングは
 ジェイクの抵抗に合わせていて見事。

 ジェイクも体格だけでなく身体能力も高いので
 ガルシアのポテンシャルについていきつつ、
 圧倒的パワーでちょっとやそっとの劣勢は簡単に跳ねのけられる絵が見えます。

 両者魅力全開でぶつかるので
 融合点は荒削りになるところもありますが、
 エネルギッシュな一進一退に目が離せませんでした。

 ぎりぎり好勝負。

ALW世界王座戦:ダニエル・ガルシア(ch)vs.エース・ロメロvs.アレック・プライス(7/16/21)
 尊大なアレックが血気盛んに仕掛けるもエースがリングを支配。
 挑戦者のキャラが立っている中で
 ガルシアが如何にリングを制し、観客に訴えかけるか
 この持って行き方がお見事でしたね。

 知名度で劣るアレックは大振りでアクションも見栄えしたし、
 エースも怪物として後半も扱われていて価値大。
 
 ガルシアが作った勢いに乗って3ウェイの面白みも加わりましたね。

 エプロンで担ぐエースを突き落とすのは二度目で、
 攻防の種類の幅には限界を感じたものの見応えのある3ウェイでした。

 好勝負に少し届かず。

BLW世界王座戦:ダニエル・ガルシア(ch)vs.JDドレイク(8/28/21)
 ドレイクが再びの挑戦。
 ゴングを待たずに急襲したり、膝を負傷した振りをしたり、
 敢えてドレイク側から変則的な仕掛けを施します。

 対するガルシアは受けの中で光センスを見せつつ、
 生意気で挑発的な感情表現は
 AEWでも引き続きのし上がってくれるだろうと期待感しかありません。

 ドレイクとの攻防の際の動きの整え方、
 ベルトを考慮したカメラ位置への配慮、本当にお見事です。

 大会の本旨ではないミッド・カードだからこその遊びを加えながら
 前回と同じくトップ・マッチとしての矜持を両立させました。

 文句なしに好勝負。

CLW世界王座戦:ダニエル・ガルシア(ch)vs.アンソニー・グリーン(9/25/21)
 軽妙な切り返し合い。
 
 真っすぐ正統な展開で
 アクションをつなげていきましたね。

 攻守入れ替わりながらもテンポ・コントロールは乱れず。

 終盤はガルシアが最高に煽り立てて有終の美を飾りました。

 中々良い試合。
 (執筆日:10/?/21)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@LW世界王座戦:ダニエル・ガルシア(ch)vs.ジェイク・サムシング(7/8/21)
ALW世界王座戦:ダニエル・ガルシア(ch)vs.エース・ロメロvs.アレック・プライス(7/16/21)
BLW世界王座戦:ダニエル・ガルシア(ch)vs.JDドレイク(8/28/21)
CLW世界王座戦:ダニエル・ガルシア(ch)vs.アンソニー・グリーン(新チャンピオン!)(9/25/21)