TOPアメリカン・プロレスどインディー →BLP:Best of BLP 2019

BLP:Best of BLP 2019の分析


名勝負 なし
好勝負 なし

@サッドカンプ(ドミニク・ギャリーニ、ケヴィン・クー)vs.ワークホースメン(アンソニー・ヘンリー、ジェームス・ドレイク)(2/2/19)
 序盤はギャリーニのMMAムーブで魅せます。
 ワークホースメンがプロレスの形に落とし込んだ後、場外戦。
 ドレイクは売りの荒々しさを際立たせていますね。
 相方のアンソニーも格好良い。
 格好良さを仕草で演出していますが、
 これを攻めだけでなく受けでも見せれている所に成長を感じますね。
 荒削りのサッドカンプをタッグ力、個の魅力両方でキャリー。
 想像以上に充実した内容に仕上がっています。
 好勝負に届かずも中々良い試合。

Aローリー・グラックvs.ダニエル・マカベ(2/2/19)
 ローリーが過剰なアピール・キャラでアクセントを利かせつつ
 綿密なレスリング・テクニックで魅了します。
 この2人だからこそできる内容ですね。
 バックの取り合いだけで魅せれる。
 後半は打撃やプロレス技も混ざりますが、
 ベースはあくまでレスリングで
 単なるニア・フォール合戦とは違う面白さを作っている。
 好勝負に少し届かず。
 (執筆日:6/?/18)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@サッドカンプ(ドミニク・ギャリーニ、ケヴィン・クー)vs.ワークホースメン(アンソニー・ヘンリー、ジェームス・ドレイク)(2/2/19)
Aローリー・グラックvs.ダニエル・マカベ(2/2/19)