TOPアメリカン・プロレスAEW →AEW:Best of AEW TV Matches 2022 part.8

AEW:Best of AEW TV Matches 2022 part.8の分析


名勝負 なし
好勝負 タッグ王座戦:ヤング・バックス(ch)vs.スワーヴ・イン・アワ・グローリー(スワーヴ・ストリックランド、キース・リー)vs.チーム・タズ(パワーハウス・ホブス、リッキー・スタークス)(Dynamite Fyter Fest 7/13/22)

@タッグ王座戦:ヤング・バックス(ch)vs.スワーヴ・イン・アワ・グローリー(スワーヴ・ストリックランド、キース・リー)vs.チーム・タズ(パワーハウス・ホブス、リッキー・スタークス)(Dynamite Fyter Fest 7/13/22)
 最初の演舞もキースが行うことでどよめきを生んだり、
 スワーヴとニックが実質的には不要な回転運動を交えて様式美を生んだりと
 とにかく3チームが混ざることで
 同じ一つの概念の見せ場でも幅が広いですね。

 それ故、アピールや4コーナー・マッチ、各要素がやや中途半端に
 それぞれが詰め込まれた状態でも
 とにかくワクワク感が半端ないですね。

 それぞれ輝いていましたが、中でもスタークスが良い味出していましたね。
 ナルシストっぷりとキレのあるムーブを上手く両立していました。

 楽しい楽しいおもちゃ箱マッチでした。

 ぎりぎり好勝負。
 
 (執筆日:7/?/22)



注目試合の詳細

なし

試合結果

@タッグ王座戦:ヤング・バックス(ch)vs.スワーヴ・イン・アワ・グローリー(スワーヴ・ストリックランド、キース・リー)(新チャンピオン!)vs.チーム・タズ(パワーハウス・ホブス、リッキー・スタークス)(Dynamite Fyter Fest 7/13/22)