TOPアメリカン・プロレスAEW →AEW:Best of AEW TV Matches 2020 part.2

AEW:Best of AEW TV Matches 2020 part.2の分析


名勝負 なし
好勝負 30分アイアン・マン・マッチ:ケニー・オメガvs.Pac(Dynamite 2/26/20)

ケニー・オメガvs.トレント(Dynamite 4/1/20)

ストリート・ファイト/フォールズ・カウント・エニウェア:クリス・ジェリコ、サミー・ゲヴァラvs.マット・ハーディ、ケニー・オメガ(Dynamite 5/6/20)

@30分アイアン・マン・マッチ:ケニー・オメガvs.Pac(Dynamite 2/26/20)
 最初の仕掛け合いは演舞にするのか火花を散らすのか
 どっちつかずな印象もありましたね。

 ただやるべきことはやって
 開始5分という早い段階でドラゴン・スープレックスを放つにも関わらず
 しっかり疲労感を付随した激戦模様になっていて、
 トップファイター対決ならではの見応えがあります。

 特に大技の見せ方がかなりしっかりしているので
 いつ決まってもおかしくない雰囲気がありますね。

 PacのDQ覚悟の椅子攻撃により均衡を崩して後半残り13分。

 断崖式ファルコン・アローなど
 オメガらしい圧倒的肉体負荷の基、ドラマチックに。

 得意のニア・フォール合戦を前面に押し出していますが、
 途中の椅子を使った筋書きや
 終盤にテーブルを追加したりと
 上手く目線をずらしながら行うので
 食傷気味にならずにやりきることに成功しています。

 通常放送では勿体無いぐらいの激戦でした。

 文句なしに好勝負。
 (執筆日:2/?/20)

Aケニー・オメガvs.トレント(Dynamite 4/1/20)
 無観客にて開催ながら
 試合を見守るレスラー、スタッフも反応を起こし、
 いつも通りに近い形をトータルでサポート。

 AEWのポジションは低いトレントですが、
 トレントから積極的に仕掛けて
 オメガも引かずに受け止めたことで
 軽い扱いにならず、しっかりと実の伴ったものに。

 エプロンの相手を場外にジャーマンしたり、
 会場の柱へパワー・ボムしたり、と
 観客がいない中でオメガのハードコア魂が爆裂。

 トレントのゆったりスロー・ペースの攻めと緩急がつき、
 またトレントが自分の攻めターンで時間を稼いで回復を狙う、という
 理も通っていて、とハイブリッドに充実させることができています。
 
 最後は20分時間制限という
 分かりやすいスリリングな要素も持ち込むことで
 無観客の影響を最小限にしてショーをスティールしました。

 ぎりぎり好勝負。

Bストリート・ファイト/フォールズ・カウント・エニウェア:クリス・ジェリコ、サミー・ゲヴァラvs.マット・ハーディ、ケニー・オメガ(Dynamite 5/6/20)
 マットがAEW参戦。
 サミーぐらいの軽量級だと
 技に迫力を持たせることが出来、まだ通用しますね。

 サミーもジェリコとのタッグを楽しんでいて活き活きしています。

 試合はハードコア・テイストになると
 ヘイガーが乱入し2対3の乱戦。
 観客席を通って会場通路に移ると
 ごみ箱に投げ捨てたり、ガレージのシャッターにパワー・ボム決めたりと
 オメガの大好きな路上プロレスになります。

 そして最大の見せ場は運転するカートで轢かれるシーン。
 ジェリコは普通の受け身でしたが、
 サミーは結構な速度のカートに対し、
 空中に飛び上がって完全に身を任せての受け身。
 これにはびっくりしましたね。

 その後も特別感のある攻防で、
 最後はサンタナ、オーティズ乱入により
 2対5で普通に押し切る形ですが、全く問題にならない。

 ぎりぎり好勝負。
 (執筆日:5/?/20)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@30分アイアン・マン・マッチ:ケニー・オメガvs.Pac(1-1⇒時間切れサドンデス⇒2-1)(Dynamite 2/26/20)
Aケニー・オメガvs.トレント(Dynamite 4/1/20)
Bストリート・ファイト/フォールズ・カウント・エニウェア:クリス・ジェリコ、サミー・ゲヴァラvs.マット・ハーディ、ケニー・オメガ(Dynamite 5/6/20)