TOPアメリカン・プロレスAEW →AEW:Fyter Fest 6/29/19

AEW:Fyter Fest 6/29/19の分析


名勝負 なし
好勝負 コーディvs.ダービー・アレン

ケニー・オメガ、ヤング・バックスvs.ルチャ・ブラザーズ、ラレド・キッド

ノン・サンクションド・マッチ:ジョン・モクスリーvs.ジョーイ・ジャネラ

@タッグ王座トーナメント・バイ獲得戦:ベスト・フレンズvs.SCUvs.プライベート・パーティ
Aアリーvs.レヴァ・ベイツ
Bハードコア・マッチ:マイケル中澤vs.アレックス・ジャビリー

@CIMA vs.クリストファー・ダニエルズ
A里歩vs.坂崎ゆかvs.ナイラ・ローズ
Bハングマン・ペイジvs.MJFvs.ジミー・ハヴォックvs.ジャングル・ボーイ

Cコーディvs.ダービー・アレン
 序盤は点を抑えて牽制合戦を見事に表現。
 コーナーに投げられたアレンが
 鉄柱にまでぶつかるハードな受身で中盤に繋ぎます。
 ここでコーディが見事な試合運びを見せます。
 アピールの使い方、フォールに行く際の緩急など素晴らしく、
 前回の試合がまぐれではなかったことを感じさせます。
 またアレンの受身も良いですね。
 一つ一つの技を派手に見せてくれるので、
 コーディは能動的に過激技に走らずに済んでいる。
 そっち方向に行くとNJPW参戦時みたいに
 頭打ちになったコーディならではの魅力から離れてしまいますからね。
 アレンが腕攻めを反撃の布石として見せつつ、
 クライマックス直前にまたもや大きなスポットを。
 アレンがエプロンへのダイビング・バック・エルボー自爆。
 交通事故のようなこの壮絶な体の張りようには驚きましたね。
 こういったスポットを20分の試合時間の為に適切に配置しつつも
 少し無機質な置き方でもあるのが欠点ですが、
 最後にぎゅっと締めて時間切れ前を演出しているので
 発散した印象を与えなかったのは良かった。
 両者良い仕事でした。
 ぎりぎり好勝負。

 試合後ショーン・スピアーズがコーディを襲撃し椅子攻撃。

Dケニー・オメガ、ヤング・バックスvs.ルチャ・ブラザーズ、ラレド・キッド
 ゲーム大会のイベントとあって
 バックスはリュウ/ケン、オメガは豪鬼として入場演出されていますね。
 試合は序盤から三人同時ダイブなど
 派手で複雑なスポットを出し惜しみ無く投入。
 少しムーブの為に合わせに行っている所があり、
 ハイ・フライヤー詰め込みのカードならともかく
 トップ・スターを含んでいるので
 シングルでのスター・アピールもより織り交ぜて欲しいというのは欲張りか。
 この大会ならではの3人同時波動拳など
 終盤も趣向を凝らしたスポットを織り交ぜていて
 彼らにしかできないものを見せてくれました。
 ぎりぎり好勝負。

Eノン・サンクションド・マッチ:ジョン・モクスリーvs.ジョーイ・ジャネラ
 早々に場外戦に転じるとテーブルに椅子、と
 真っ向からラフ・ファイト。
 モクスリーが軽い流血をしながら
 らしさを存分に出した試合運びでリード・ラインを引きます。
 有刺鉄線椅子や場外テーブル葬も飛び出し、
 元WWEだからとネーム・バリューで誤魔化さず
 体をどんどん張っていくスタイルだったのには驚きでしたね。
 テンポ・コントロールも素晴らしく、
 このスタイルでインディーで名を上げていた
 ジャネラが霞んでしまった程でした。
 ダメージ表現は丁寧なのですが、
 対モクスリーという点ではそこを犠牲にしても
 もう少しジャネラとしての主張が欲しかったですね。
 ラダー上から場外テーブルへのダイビングエルボーなど
 序盤のハードコア・スポットを上回るものが
 クライマックスには用意されていて過激なメイン・イベントでした。
 ぎりぎり好勝負。

試合後オメガが現れモクスリーを襲撃。

総評
 ゲーム・イベントとのコラボ大会ながら
 オール・ジャンルを押さえたAEWらしい大会に仕上がっています。
 その中でもシングルが少し弱い印象がある中で
 コーディがフロックではないことを証明したことはAEWとして大きい。
 後は揉めているPacが合流すれば大きいですね。
 今見ている限りではPacを常勝させた所で問題なさそうですけど。

Rating:★★★★☆

注目試合の詳細

なし

試合結果

@タッグ王座トーナメント・バイ獲得戦:ベスト・フレンズvs.SCUvs.プライベート・パーティ
Aアリーvs.レヴァ・ベイツ
Bハードコア・マッチ:マイケル中澤vs.アレックス・ジャビリー
@CIMA vs.クリストファー・ダニエルズ
A里歩vs.坂崎ゆかvs.ナイラ・ローズ
Bハングマン・ペイジvs.MJFvs.ジミー・ハヴォックvs.ジャングル・ボーイ
Cコーディvs.ダービー・アレン(20分時間切れ)
Dケニー・オメガ、ヤング・バックスvs.ルチャ・ブラザーズ、ラレド・キッド
Eノン・サンクションド・マッチ:ジョン・モクスリーvs.ジョーイ・ジャネラ