TOP他大陸のプロレスwXw →wXw:Best of wXw 2020 part.1

wXw:Best of wXw 2020 part.1の分析


名勝負 なし
好勝負 ファイト・フォー・パリ決勝:イーグル・ブランvs.デイヴィッド・スター(1/12/20)
 
池田大輔、石川雄規vs.クリス・リッジウェイ、ダニエル・マカベ(3/5/20)

@ファイト・フォー・パリ決勝:イーグル・ブランvs.デイヴィッド・スター(1/12/20)
 スターが余裕で上回り教育的指導。

 イーグルは21歳と若いながらも
 キャリアはあるので
 思ったより焦らず試合を運べていますね。
 一方で若さ特有の熱量もありますし、この抜擢は正解でしょう。

 スターがしっかり調整して
 巧みに攻防を繋いで行きます。
 この受けの技術は素晴らしいですね。
 
 イーグルも積極的に参加しつつ
 スターの意図の邪魔をせず素直に試合を高めていきます。
 まさにこの時点での試合の仕方として完璧です。

 ベスト・イン・ザ・ワールドのスターが若手有望株と
 団体の期待通りの試合をやってのけました。

 ぎりぎり好勝負。

Aスコッティ・デイヴィスvs.入江茂弘(3/5/20)
 スコッティが仕掛けるも入江が跳ね除ける形で
 お互いの立ち位置に沿っているようにも見えるが、
 攻防の作り方が表面的に留まっているのも事実。

 但し中盤からは入江が胸を貸して
 スコッティのハード・ヒット気質を引き出していきます。
 ネック・ブリーカー戦略がなくても
 ここまで魅力的に振舞えるかと改めて見直しました。

 入江の爆発的スポットで終盤は圧倒。
 入江の勢いに飲まれた印象ですが、
 もう少しスコッティが粘りを見せることができればより面白かった。

 好勝負に少し届かず。

B池田大輔、石川雄規vs.クリス・リッジウェイ、ダニエル・マカベ(3/5/20)
 バツラーツ・レジェンドと今油の乗っているテクニカル・シュート・レスラーの対決。
 石川に続いて池田を誘致してこの2人を充てがうとは通すぎますね。

 序盤のレスリングから見応えあり。
 ひねり上げる動作だけで十分に痛みが伝わり引き込まれます。

 wXw初となる池田は素晴らしい動きで強さを表現。
 厳しい蹴りを叩き込み、
 まったく年齢のハンデを感じさせません。

 ごつごつ打ち付けるような打撃戦。
 年齢ゆえに今風の切り返し合いは出来ませんが、
 ここまでハードな打撃なら打撃で調整しても絵になる。

 タッチ後味方の攻めを引き継いだり、
 連携技を行う、というタッグの一面においては物足りないですが、
 そんなものはなくても十分に満足できる
 バトラーツ最高、と叫ばせる内容でした。

 ぎりぎり好勝負。
 (執筆日:3/?/20)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@ファイト・フォー・パリ決勝:イーグル・ブラン(優勝!)vs.デイヴィッド・スター(1/12/20)
Aスコッティ・デイヴィスvs.入江茂弘(3/5/20)
B池田大輔、石川雄規vs.クリス・リッジウェイ、ダニエル・マカベ(3/5/20)