TOP他大陸のプロレスwXw →wXw:Best of wXw 2019 part.1

wXw:Best of wXw 2019 part.1の分析


名勝負 なし
好勝負 ヴェイト・ミラーvs.ウォルター(2/15/19)
 
リングカンプ(ティモシー・サッチャー、ウォルター)vs.入江茂弘、石川雄規(3/7/19)

@ヴェイト・ミラーvs.ウォルター(2/15/19)
 ミラーはまだ体はできていないが
 ウォルター二世のような印象がありますね。
 ウォルターがミラーを上手く立ててやりつつ
 超一流の凄さも見せ付けていきます。
 ウォルターは主導権を握って
 相手の抵抗がなくなり動かせなくなった時もしっかり作れている。
 これこそ超一流の証ですね。
 観客はこのマッチアップを愉しんでいて
 それによって作られた雰囲気、レールの上を
 ミラーが不器用ながら走っていく。
 ミラーの攻めは散逸的で受身的ですが
 一本筋の通りまくったウォルターの相手としては問題ありません。
 終盤は流石にこの実力差で長引かせすぎな印象はあるものの素晴らしい試合でした。
 ぎりぎり好勝負。

Aリングカンプ(ティモシー・サッチャー、ウォルター)vs.入江茂弘、石川雄規(3/7/19)
 石川を呼んでリングカンプと当てるとか最高ですね。
 ウォルターとのごつごつとした打撃戦も
 ティモシーとのレスリング合戦も見応えがある。 
 入江も彼らの世界に入っていって
 タフなぶつかり合いで負けない輝きを入っていました。
 タッグとしての構成としては特に感心しないが、
 マッチアップの妙がストレートに堪能でき、それだけで勝負できている。
 ぎりぎり好勝負。

Bデイヴィッド・スターvs.ラッキー・キッド(4/4/19)
 裏WMにwXwも参戦しUS興行。
 キッドは16Caratを優勝したとはいえ
 以前アンダードッグとしての役回り。
 US興行の為かもしれませんが、彼は変に格上げしない方が良いでしょうね。
 キッドの隙を見逃さず
 スターが丁寧に働きかけ、
 するとキッドもポイントを押さえて反応。
 思いのほか緻密な一進一退となっています。
 スターが盛り上がり所をしっかり引っ張り、
 フィニッシャーに向けてまとめました。
 好勝負に少し届かず。
 (執筆日:3/?/19)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@ヴェイト・ミラーvs.ウォルター(2/15/19)
Aリングカンプ(ティモシー・サッチャー、ウォルター)vs.入江茂弘、石川雄規(3/7/19)
Bデイヴィッド・スターvs.ラッキー・キッド(4/4/19)