TOP他大陸のプロレスwXw →wXw:Best of wXw 2014

wXw:Best of wXw 2014の分析


名勝負 なし
好勝負 ワールド・トライアングル・リーグ戦:ジョナサン・グレシャムvs.ザック・セイバーJr.(10/2/14)

@ワールド・トライアングル・リーグ戦:ジョナサン・グレシャムvs.ザック・セイバーJr.(10/2/14)
 昨年は違うブロックで決勝の3ウェイでしか当たれなかった2人。
 垂直ロープ走りからクイックの応酬で始めると
 好きなようにレスリング・テクニックを競っていきます。
 セイバーは腕を、グレシャムは脚を。
 グラウンドからスタンディングに移っても
 変幻自在に部位狙いに繋げていますね。
 20分時間切れに合わせた盛り上げ方なので
 終盤の攻防は少し画一的になってしまいましたが、
 2人の技術を十分に堪能できました。
 ぎりぎり好勝負。

AwXw統一王座戦、3本勝負:ビッグ・ダディ・ウォルター(ch)vs.トミー・エンド(10/4/14)
 エンドが不意打ちから速攻で3カウント奪取。
 そのまま2本目にもつれ込むとラフ・ファイト。
 エンドがウォルターをセコンドの力も借りながら抑え込んでいきます。
 打撃偏重でスポットが少なくここは少し退屈ですね。
 とはいえ2本目終盤の攻防で持ち直して3本目。
 再びのセコンド介入で上手く
 2本目終盤の雰囲気を継続させる流れを作りましたね。
 得意技をぶつけ返しあう、単純明快に盛り上がる攻防で激戦となりました。
 好勝負に届かずも中々良い試合。

Bワールド・トライアングル・リーグ決勝:カールステン・ベックvs.ビフ・ビューシックvs.リッチ・スワン(10/5/14)
 3人目がハイ・フライ、ダイブで
 かき乱す形で始まるので目まぐるしく掴みはOK。
 スポット重視で大雑把ながら
 決勝に期待する派手さはありますね。
 花道スポットもあり終盤への導入も良かった。
 ベックが雑なのはさておき、
 ビフxスワンで最後もう少し引き上げて欲しかったのですが、
 思ったよりしっくりいかなかったようですね。
 平均的な良試合。
 (執筆日:8/?/17)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@ワールド・トライアングル・リーグ戦:ジョナサン・グレシャムvs.ザック・セイバーJr.(20分時間切れ)(10/2/14)
AwXw統一王座戦、3本勝負:ビッグ・ダディ・ウォルター(ch)vs.トミー・エンド(2-1)(10/4/14)
Bワールド・トライアングル・リーグ決勝:カールステン・ベック(優勝!)vs.ビフ・ビューシックvs.リッチ・スワン(10/5/14)