TOP他大陸のプロレスドイツ その他の団体 →Germany Classic:Best of Germany 1987

Germany Classic:Best of Germany 1987の分析


名勝負 なし
好勝負 フランツ・ヴァン・バイテンvs.レネ・ラサルテス(9/27/87) 

@フランツ・ヴァン・バイテンvs.レネ・ラサルテス(9/17/87) 
 レネがヒール・ワークに入りますが、
 その前の導入をもう少し丁寧に描きたかったですね。

 ただ組み立て自体は見事で
 観客を見事に煽っていきます。
 バイテンもダウン寄りに受けを合わせていますね。

 細かな工夫を凝らしているので
 年齢差のあるマッチアップながら
 攻防の面で見劣りすると感じることもなかったですね。

 レフェリーを絡めて終盤を演出し、
 しっかり10日後のリマッチに向けてセットアップしました。

 中々良い試合。

Aフランツ・ヴァン・バイテンvs.レネ・ラサルテス(9/27/87) 
 レスリングの鬩ぎ合いではバイテン優勢。
 それもそのはず、レネはこの時59歳。
 真っ向からの勝負はできません。

 しかし主導権を握ってからの攻めは力強い。
 腕に打撃を叩き込み、サブミッションで追い込み、と
 その攻めの組み合わせは見事だし、
 ヒールとしての怖さも感じさせてくれる。

 普通にレジェンドにもなれるのに
 最後までヒールとして徹するレスラー道に惚れ込みますね。

 バイテンも攻防が限られる中
 受け手としての表現でしっかり魅せきった。

 反撃されてレネは脚を使って受け身。
 リアルに心配なところもありましたが、
 ブイテンも間をおいて配慮しながらベストを追及しました。

 空間の使い方が素晴らしいですね。
 アクションが限られているからこそ
 技の使いどころとディティールに拘りきって表現している。

 1試合で惚れさせるに十分なレネとバイテンの妙義でした。

 ぎりぎり好勝負。
 (執筆日:5/?/20)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@フランツ・ヴァン・バイテンvs.レネ・ラサルテス(DQ)(9/17/87)
Aフランツ・ヴァン・バイテンvs.レネ・ラサルテス(ドロー)(9/27/87)