TOP他大陸のプロレスFrench Catch →French Catch:Best of Frence Catch 1967

French Catch:Best of Frence Catch 1967の分析


名勝負 なし
好勝負 ラ・ペティット・プリンスvs.マイケル・サールニエール(9/30/67)

@ビリー・カタンザロvs.ヴァシリオス・マントポラス(1/29/67)
 マントポラスがアーム・ドラッグの後にジャンプしたり
 エンタメ意識したキャラ付だったのは興味深かったですが、
 カタンザロが守勢に回りすぎて、
 ヒール・ワークを始めてもボルテージの高め方が微妙。
 57年の試合では悪くなかったんですが、歳を取ったせいでしょうか。

 マントポラスのムーブ自体で面白い所もあったが
 2人でやって+αが生まれていく気配がなかったですね。
 
 平均レベル。

Aアントン・テジェーロvs.ウォルター・ボルデス(8/29/67)
 ボルデスは覆い被さられるや膝伸縮繰り返して逃れたり、
 非常に鋭いアームドラッグを決めたりと
 身体能力がトンデモないことは始まってすぐに伝わってきます。
 しかし良くあることですが、身体能力に反してプロレスのセンスはないタイプですね。

 その点はアントンが補佐して試合を作り上げています。
 アントンは見かけによらず機敏な動きも出来るので
 ボルデスに反応して形に収められる。

 ただアントンはシングル・レスラーとしては決め手に欠け、
 三下感が強いので試合を特別にしきれず。
 
 試合としてはまあまあ良い試合程度ですが、
 ボルデスというレスラーは一見の価値がありますね。
 (執筆日:4/?/20)

Bラ・ペティット・プリンスvs.マイケル・サールニエール(9/30/67)
 ハイ・テンポで華やかな攻防。

 投げられつつも着地してキャンセルしたり、
 フライング・ヘッド・シザースを連打したり、と
 ライト級ならではの時代を先取りした攻防を見せています。

 アーム・ロック等をかけて、逃れて、かけなおして、と
 韻踏みした中盤の攻防作りも良いですね。

 一方でクライマックスへの盛り上げは薄く、
 良くも悪くも常に全力で見栄えのする攻防を作って、
 最後の時を迎えた形になっています。

 69年の同一カードには劣るもののこれまた特別な内容でしたね。

 ぎりぎり好勝負。 
 (執筆日:5/?/20)


注目試合の詳細

なし

試合結果

@ビリー・カタンザロvs.ヴァシリオス・マントポラス(1/29/67)
Aアントン・テジェーロvs.ウォルター・ボルデス(8/29/67)
Bラ・ペティット・プリンスvs.マイケル・サールニエール(20分時間切れ)(9/30/67)