TOP他大陸のプロレスFrench Catch →French Catch:Best of Frence Catch 1957

French Catch:Best of Frence Catch 1957の分析


名勝負 3本勝負:ジーン・バウトvs.リアノ・ぺラカーニ(2/15/57)
好勝負 3本勝負:ホアキム・ラ・バルバvs.インカ・ぺルアノ(1/17/57)

トニー・オリヴァーvs.バート・ロイヤル(2/22/57)

@3本勝負:ホアキム・ラ・バルバvs.インカ・ぺルアノ(1/17/57)
 (途中から)
 バルバは素晴らしいヒールですね。
 攻撃性むき出しで自分の脅威性をしっかりスケール・アップしている。
 インカをロープにほおって首が挟まった状態になった際に
 追撃でエルボーまで叩き込む様はヒートを呼びました。

 インカもボディ・スラムでバルバの脚をロープに絡めて攻撃する等
 しっかりリベンジして遺恨を演出。
 インカは悠然とした佇まいで
 不思議と目が引き付けられる所がありますね。
 
 バルバが当時では珍しいミサイル・キックで先取。
 
 2本目。
 引き続き荒々しい打撃戦で火花を散らします。
 当時の定番である場外やロープを使って盛り上げますね。

 フェイスであるインカもサブミッション時に
 拳を押し付ける等ドロドロとした感情をむき出しに。

 最後は1本目の攻防を活かして見事な締めくくり。
 これで再起不能になり3本目はそのまま不戦勝になったのは
 予想だにしない展開でしたが、
 それでも納得感がある程綺麗な構築でした。

 ぎりぎり好勝負。

Aイスラ・カーンvs.ジム・オリヴァー(2/1/57)
 (途中から)
 スペイン王者とモンゴルから来た外敵、と
 盛り上がるシチュエーションが揃っていますね。

 受け手の重量、抵抗感を感じる
 見応えのある一進一退でヒートの高め合い。

 凄いテクニカルなことをしている訳でもないが
 実直に試合をこなした印象。

 最後はイスラが四股を踏んで苛烈な攻め。
 オリヴァーが凌いで迫力あるパワー・スラムで
 見事に締めくくりました。

 中々良い試合。

B3本勝負:ジーン・バウトvs.リアノ・ぺラカーニ(2/15/57)
 バウトは何でもできますね。
 相手をKOさせる打撃を放つ力強さを持ち、
 巧みにレスリングに応じるテクニックを持ち、
 モンキー・フリップを着地する身軽さも兼ね備えている。
 まさに戦いの化身。
 
 バウトの信じられないムーブの数々に観客も熱狂。
 ぺリカーニの打撃に対してリアリスティックな受け身も見せるし、
 静かな闘志も色気たっぷりで驚嘆します。

 ぺリカーニもヒールなので華やかさこそ抑えているものの
 ハード・ヒットとしっかりした受け身を見せると共に、
 また観客のツボを抑えた煽りで、良いレスラーですね。
 
 2人が攻防を区切って離れて向かい合った時の
 その間の空気の雰囲気間が堪らない。

 場外乱闘から一気に持って行った
 最後のフィニッシュは説得力があり衝撃的である一方で、
 あまりに予期しない終わり方なので、観客も心の準備が出来ていなかった感もありますね。
 
 French Catchの"戦い"の魅力を体現した試合でした。。

 ぎりぎり名勝負。

Cトニー・オリヴァーvs.バート・ロイヤル(2/22/57)
 オリヴァーは締め上げているところに拳を打ち込んだり、と
 ヒール道を邁進しますが、
 これが観客の空気を見事に掴んでいて
 ベストタイミングで転がしています。

 ロイヤルも回転後屈伸するネック・ツイストなど
 固有ムーブの印象付けが素晴らしいですね。
 
 オリヴァーがヒール・ワークを強め、
 ロープを掴んでのサブミッション強化に股間蹴り上げ。
 受け身においては派手に道化に徹するのですが、
 そこにリアルが伴っている凄さ。
 脱力しつつ自分の体をコントロールしきることこそ超一流の妙義です。

 パートも良いレスラーですね。
 小狡い戦略に絡め取られて弱っていく様を演じれている。
 
 丸め込み合戦を挟んでリフレッシュしてから
 終盤は再びフェイス/ヒールの勧善懲悪劇。
 余りに手がつけられないオリヴァーに
 レフェリーが手を出すネタまでありましたね。
 最高に盛り上がった一戦。

 文句なしに好勝負。
 (執筆日:4/?/20)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@3本勝負:ホアキム・ラ・バルバvs.インカ・ぺルアノ(2-1)(1/17/57)
Aイスラ・カーンvs.ジム・オリヴァー(2/1/57)
B3本勝負:ジーン・バウトvs.リアノ・ぺラカーニ(2-1)(2/15/57)
Cトニー・オリヴァーvs.バート・ロイヤル(2/22/57)