TOP他大陸のプロレスオーストラリアのプロレス →DMDU:Best of DMDU 2022

DMDU:Best of DMDU 2022の分析


名勝負 なし
好勝負 なし

@デス・マッチ:ケイレン・ブッチャー、マッド・ドッグvs.ジョエル・ベイトマン、アレックス・コロン(4/10/22)
 勢いよくスタート。
 トルネードで乱戦するならではの密度がありますね。

 ベイトマン、コロンはちゃんと協力してスポットを用意している一方で
 ケイレンとマッド・ドッグはチームとしてまだまだ。
 その為、構成面で改善の余地はありましたね。

 ただ一定のクオリティはあるし、ケイレンvs.コロンへの前哨戦としては十分と言えます。

 平均的な良試合。

Aデス・マッチ:チャーリー・エヴァンスvs.ジョエル・ベイトマン(4/16/22)
 昨年の激闘の記憶も新しい中ですが、
 前回に比べると細々とした足踏みが目立ちますね。

 釘ボードなどスポットは手を抜かず色々と用意しているのですが、
 昨年のような特別な一戦にはなりきりませんでした。

 最後の絵を作ってちゃんと〆る所など
 良さはちゃんと出ていましたが、平均的な良試合程度。

Bオーストラリア・デス・マッチ王座戦:ケイレン・ブッチャー(ch)vs.アレックス・コロン(4/16/22)
 アメリカ式のセット・アップの攻防。
 続いてコロンが優位に立って圧倒します。

 1年以上トップを張ってきたケイレンがなす術なくやられる光景は
 ホームのファンからするとショックで引きこまれるでしょうね。

 デス・マッチとはいえ、こういうストーリー要素も重要です。

 受けまくった所から盛り上げるポイント作りも出来ていて、
 やや長ったらしさもあったものの
 米豪トップ対決にふさわしい内容となっています。

 中々良い試合。

  (執筆日:7/?/22)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@デス・マッチ:ケイレン・ブッチャー、マッド・ドッグvs.ジョエル・ベイトマン、アレックス・コロン(4/10/22)
Aデス・マッチ:チャーリー・エヴァンスvs.ジョエル・ベイトマン(4/16/22)
Bオーストラリア・デス・マッチ王座戦:ケイレン・ブッチャー(ch)vs.アレックス・コロン(4/16/22)