TOPルチャ・リブレLucha Libre その他 →Lucha Memes:Best of Lucha Memes 2021

Lucha Memes:Best of Lucha Memes 2021の分析


名勝負 ジョナサン・グレシャムvs.アラミス(1/22/21)
好勝負 アラミスvs.ダニエル・ガルシア(4/18/21)

@トニー・デッペンvs.リッキー・マルヴィン(1/22/21)
 デッペンが誇張されたヒール像を披露した上でレスリング。
 
 マルヴィンはデッペンを観客席に投げて叩きのめしつつ
 テクニカルな脚攻めも見せて経験豊かなバランス取り。

 デッペンも同じように破壊的な腕攻め。
 
 意図をもって変化させつつ一本筋を通します。
 お互い考え方が似通ってスイングしていますね。

 見応えのある一戦でした。

 好勝負に少し届かず。
 
Aジョナサン・グレシャムvs.アラミス(1/22/21)
 米墨テクニシャン対決。

 均衡したレスリングの変転は
 プロレスの演舞に基づきつつ、
 予定調和にならない独創的な変化を見せます。
 
 細かく韻を踏みつつどう変わるか読ませない。
 本当に笑ってしまうような切り返し合いです。

 これを乱れなく調和させて実現させるとは驚き。

 レスリング・ファンには夢のような時間でした。

 2021年のレスリング・マッチでは一番の出来になるかも。

 ぎりぎり名勝負。

Bアラミスvs.ダニエル・ガルシア(4/18/21)
 基本に裏打ちされつつ
 その鋭い動きで凄さが分かりやすく伝わるレスリング。

 グラウンドから高低の動きを混ぜ
 テンポを上げていく展開もお見事。

 美しい攻防ですね。

 レスリングから離れてからも足を使って
 攻防に広がりを持たせています。

 主導権を掴んだガルシア。
 感情豊かなメキシコの観客に働きかけるのは良かったですね。

 ただ、ここから観客をのせることの優先順位を上げたり、
 攻防の中で張り合い要素を押し出したり変化する中で
 攻防の精度が落ち、乱れた感はありましたね。
 決して体は大きくないので、
 ファイティング・スピリットのぶつかり合いもそこまでインパクトはない。

 課題点は抱えていますが、両者ストイックに向き合って素晴らしい試合としました。

 ぎりぎり好勝負。
 (執筆日:4/?/21)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@トニー・デッペンvs.リッキー・マルヴィン(1/22/21)
Aジョナサン・グレシャムvs.アラミス(1/22/21)
Bアラミスvs.ダニエル・ガルシア(4/18/21)