TOPルチャ・リブレLucha Libre その他 →IWRG:Best of IWRG 2018

IWRG:Best of IWRG 2018の分析


名勝負 なし
好勝負 なし

@3本勝負:リッキー・マルヴィンvs.ドクトル・セレブロ(3/5/18)
 (3/4/18収録)
 ベテランの妙を感じさせる
 じっくりとしたレスリングでスタート。
 プロレスの王道的内容ですが
 細かな部分でルチャらしさがあります。
 セレブロがバック・ブリーカーから腰攻め。
 場所を適切に使い分けながらの構築は良いですね。
 ロープ・ブレイクを見逃されセレブロが勝利。
 シンプルながら味わい深い内容でした。
 好勝負に少し届かず。

Aスペル・リブレ:リッキー・マルヴィンvs.ドクトル・セレブロ(3/12/18)
 (3/11/18収録)
 セレブロが脚狙い。
 前回と比べると構築能力低めですね。
 抗争の繋ぎの試合という性格が出すぎています。
 セレブロがマルヴィンを流血にも追いやって4の字を狙うも
 マルヴィンが抵抗しジャベに切り返して逆転。
 まあまあ良い試合程度。

BIC王座戦、3本勝負:ドクトル・セレブロ(ch)vs.リッキー・マルヴィン(3/18/18)
 グラウンドで時間をかけた後、ロープ・ワークへ。
 不意を突いた押さえ込みでマルヴィンが先取です。

 マルヴィンが腕狙いで追い込みますが、
 ロープを使う工夫は良いですし、
 抵抗するセレブロにヘッド・バッドを叩き込んだりと
 これまで紡いだ遺恨をしっかり表現できていますね。
 相手の反撃の可能性を感じさせた上で潰している。
 テンポと技使いも良いですよ。
 セレブロがカウンターからジャベでフィニッシュ。
 ルチャにおいて2本目は意味ないぐらい軽いことが多いですが、
 この試合の2本目の意味合いが非常に強い。

 3本目。
 セレブロがラフ・ファイトでリベンジ。
 雰囲気が高まった中でマルヴィンがトペ炸裂。
 素晴らしい試合になることが確約されましたが、
 ここで入れ込んできたのが
 両セコンドを絡めてチープ・フィニッシュ。
 次のコントラ戦に繋げるためとはいえこれは勿体無かった。
 好勝負に少し届かず。

Cカベジェラ・コントラ・カベジェラ、3本勝負:ドクトル・セレブロvs.リッキー・マルヴィン(3/26/18)
 (3/25/18収録)
 マルヴィンが前回のリベンジで入場中のセレブロを襲撃。
 脚を攻めていきますが、セレブロがカウンターからジャベを決め1本。

 2本目に入るとセレブロがそのままラフ・ファイト。
 場外に出て観客との一体感を高めたのは良いですね。
 腕狙いも厳しく感情移入を促します。
 セレブロがトペを決め、まさかの2-0を思わせた所で
 マルヴィンのセコンドが乱入して椅子攻撃。
 これによりセレブロが流血し、マルヴィンの逆転に繋がります。

 3本目。
 それぞれ1本目、2本目の過程を生かして厳しい攻め。
 最後のフィニッシュも説得力がありました。
 ただ、いつものルチャの感覚で見ていると
 この前の試合と同じく3本目の試合時間割合が低く、
 あれ?もう終わりという印象があります。
 この前の試合と同じくストーリー・テリングは素晴らしいので、
 両立していたら更に凄い試合になったはずなのに。
 好勝負に少し届かず。
 (執筆日:4/?/18)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@3本勝負:リッキー・マルヴィンvs.ドクトル・セレブロ(2-1)(3/5/18)
Aスペル・リブレ:リッキー・マルヴィンvs.ドクトル・セレブロ(3/12/18)
BIC王座戦、3本勝負:ドクトル・セレブロ(ch)vs.リッキー・マルヴィン(2-1)(3/18/18)
Cカベジェラ・コントラ・カベジェラ、3本勝負:ドクトル・セレブロvs.リッキー・マルヴィン(2-1)(3/26/18)