TOPルチャ・リブレLucha Libre その他 →CRASH Wrestling:Best of CRASH 2018

CRASH Wrestling:Best of CRASH 2018の分析


名勝負 なし
好勝負 レイ・ミステリオJr.、ペンタゴンJr.、レイ・フェニックスvs.CIMA、エクストリーム・タイガー、レイ・ホーラス(2/16/18)

LAパークvs.フェニックス(4/14/18)

①ダガ、Masada、ペンタ・エル0M vs.べスティア666、ガルザJr.、メカ・ウルフ450(1/20/18)
 軽快な演舞と場外戦。
 煽って焦らしてからMasadaが椅子攻撃を放ちます。
 ここからラダーにボードまで出てくるハードコア・スタイルに。
 蛍光灯ボードまで使う流血戦にまで行ったのには驚き。
 カットも凶器攻撃という荒れ模様でした。
 ただトリオなのでもう少し密度高めれるはずで、
 トラップを用意している空き時間は埋めるべきでした。
 観客カメラの映像で、それには向いていない系統の内容でしたが、
 上質な乱戦であることは十分伝わりました。
 好勝負に届かずも中々良い試合。

②レイ・ミステリオJr.、ペンタゴンJr.、レイ・フェニックスvs.CIMA、エクストリーム・タイガー、レイ・ホーラス(2/16/18)
 (カットあり)
 ベテラン大スターが混じるカードながら
 特に不一致はなくテンポ良くアクションを繰り広げていきます。
 後半への起点としてミステリオvs.CIMAが据えられたのも嬉しかったですね。
 トリオのリング制圧シーンを挟んでから
 トリオならではの入り乱れあいに展開、と
 ちゃんと構成にも気を使っていることが分かります。
 ただ結構細かくムーブの間をカットする編集のため
 間の処理が適切にされているかは不明です。
 終盤は派手な合体技、ダイブが乱れ飛び
 大きく盛り上がりました。
 中でもペンタゴンの切り返し合い、
 タイガーとホーラスの派手な技が目立っていましたね。
 ぎりぎり好勝負。

③レイ・フェニックスvs.フラミータ(4/6/18)
 去年の数え歌。
 wmウィークエンドにふさわしいカードですが、
 如何せん5分というのは短すぎますね。
 この二人のお約束の演舞から
 1ムーブ・カウンター合戦で凄いものを見せてくれますが、
 堪能して味わうまでには時間が余りに足りません。
 中々良い試合。

④LAパークvs.フェニックス(4/14/18)
 今最も売れているといっても良いフェニックスがリビング・レジェンドと対決。
 まずはパークが容赦なく観客席にボディ・スラムなど
 自分の乱闘スタイルを押し付けます。
 一方的な攻めですが足使い、空間把握能力で成立させているのは見事。
 ようやく反撃の糸口を見出したフェニックスがトペコンを放つも
 パークがエプロンでスナップ・スープレックスにトペと更なる追い討ち。
 繊細な攻防こそないですが、ダイナミックに魅せてきますね。
 クライマックスもパークがダーティ・ワークで
 フェニックスを封じ込めて見せました。
 今乗りに乗っているフェニックス相手に
 パークがキャリアの深さで飲み込んだ凄い試合です。
 ぎりぎり好勝負。

⑤レイ・フェニックスvs.フラミータvs.レイ・ホーラスvs.バンディード(4/15/18)
 (カットあり)
 今の時代の最先端を行くルチャの4人。
 1vs.1をつないで行く4ウェイとしては単純な内容ですが、
 その前後のシーンに比べて見劣りしない
 印象的なハイ・フライをそれぞれが提供し続けます。
 後半は普段タッグを組んでいるバンディード、フラミータの連携や
 カットにより加速度を増した打ち合いが見られます。
 ただ4連続ダイブとか更なる派手な見せ場作りはできたはずで
 スポット・フェストはスポット・フェストでも
 もう一工夫欲しかったところですね。
 好勝負に届かずも中々良い試合。

 (執筆日:5/?/18)

注目試合の詳細

なし

試合結果

①ダガ、Masada、ペンタ・エル0M vs.べスティア666、ガルザJr.、メカ・ウルフ450(1/20/18)
レイ・ミステリオJr.、ペンタゴンJr.、レイ・フェニックスvs.CIMA、エクストリーム・タイガー、レイ・ホーラス(2/16/18)
レイ・フェニックスvs.フラミータ(4/6/18)
LAパークvs.フェニックス(4/14/18)
レイ・フェニックスvs.フラミータvs.レイ・ホーラスvs.バンディード(4/15/18)