TOPルチャ・リブレCMLL 2020年 →CMLL:Best of CMLL 2020 Part.1

CMLL:Best of CMLL 2020 Part.1の分析


名勝負 なし
好勝負 レイエス・デル・エイアー(1/14/20)

@カベジェラ・コントラ・カベジェラ、3本勝負:カワトサンvs.ダルス・ガーデニア(1/1/20)
 両者視野が狭く、
 カワトサンはルードとして、
 なにも受け手に対する効果考えず、把握せず、
 取ってつけたような動作と間を我慢しきれず細切れファイト。

 3本目のスポット連打も薄っぺらいですね。
 ガーデニアも試合運びのリズムが良くなくて、
 髪がかかっているとはいえ両者とも
 大会のメインを張れる状態ではないですね。

 本来であればCMLLにそもそも上げるべきではないぐらいです。
 悪い試合。

A3本勝負:エチセロ、レイ・ブカネロ、テンプラリオvs.アトランティスJr.、スターJr.、ヴァリエンテ(1/10/20)
 演舞後、ウインドミルで起き上がったり
 連続技を重ねる意識が高かったりと
 いつもより派手に魅せてくれますね。

 ルードがケモニート・リンチからそのままリングを制圧する2本目。
 構成、長さ自体は良くある2本目ですが、
 テクニコの反撃時もダイブなど惜しみない技使いで
 ここもしっかり盛り上げます。

 3本目。
 アルゼンチンで担がれた相手の上から場外ムーンサルト等
 独創性のあるスポットを若手が披露し、
 ベテランもしっかりフォロー。
 ルードの控え受けも利いていて盛り上がりました。

 好勝負に少し届かず。

Bレイエス・デル・エイアー(1/14/20)
 一人ずつ適切にアピール。
 被らないアクションを提供できていますね。

 アクマのルードとしてのフォロー、
 いつの間にか白塗りになったコメタの飛翔も良かったですが、
 飛びぬけて良かったのは黒パンテル。
 テクニックとエンタメ意識が抜群にミックスされています。

 ルチャならではの控えとの
 目まぐるしい切り替えを活かしながら
 テンポ良く脱落していき
 最後はテンプラリオvs.スター。

 テンプラリオが力強く引っ張って
 優勝に値するパフォーマンスを見せましたね。
 
 ぎりぎり好勝負。

 (執筆日:4/?/19)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@カベジェラ・コントラ・カベジェラ、3本勝負:カワトサンvs.ダルス・ガーデニア(2-1)(1/1/20)
A3本勝負:エチセロ、レイ・ブカネロ、テンプラリオvs.アトランティスJr.、スターJr.、ヴァリエンテ(2-1)(1/10/20)
Bレイエス・デル・エイアー(勝者:テンプラリオ)(1/14/20)