TOPルチャ・リブレClassic Lucha From the '80s →Classic Lucha:Classic Lucha From The '80s Vol.2

Classic Lucha:Classic Lucha From The '80s Vol.2の分析


名勝負 なし
好勝負 ヘア・マッチ、3本勝負:サングレ・チカナvs.MS1(9/23/83)

1枚約1時間15分です。
SlamBamJam製。

@ヘア・マッチ、3本勝負:サングレ・チカナvs.MS1(9/23/83)
 入場してきたチカナにMS-1が場外で襲い掛かると
 エプロンの角にぶつけて流血させます。

 殺気溢れる打撃にチカナもふらふらの受け身。

 リング内外動かして構成に配慮しながら
 MS-1がダイビング・ボディ・プレスで速攻先取。

 2本目もMS-1が異常な打撃を放ちつつ、
 一方で空間構成を意識した冷静なプロレス・ワークが光ります。

 チカナが思いっきり拳を振り最高のトぺ・スイシーダ。
 ここで敢えてMS-1をリングに戻してフォールとせずに
 リングアウトでチカナを追いつかせたことで
 シチュエーションが際立ちましたね。
 短いながら充実の2本でした。

 3本目。
 チカナがMS-1をお返しとばかりにエプロンの角にぶつけます。
 これによりMS-1がチカナを超える大流血。

 試合ストップが危惧するレベルでしたが、
 すぐにチカナを蹴り落としてトぺを放った所に
 MS-1のルードを超えるルチャドールとしての矜持を感じさせましたね。

 ただ余りの流血に、チカナも負担を軽くなるように、
 と仮装を貫き通せずに配慮をしていたりするし、
 攻防の質自体には飛びぬけたものには感じませんね。

 それでも両者力を抜かず頭からトぺでぶつかり合って
 しっかり形を付けた上でフィニッシュ。

 その本意気は流血量が凄いだけの只の乱戦という
 以前の印象を払拭するに十分でした。

 メキシコに限定せずプロレスの歴史に残るブラッドバス。

 ぎりぎり好勝負です。
 (執筆日:6/?/20)

A3本勝負:サングレ・チカナ、ラ・フィエラ、マヌエル・コタvs.ロス・インフェルナレス(MS1、エル・サタニコ、エスペクトロJr)(9/?/83)
 乱闘、乱闘、乱闘。
 それだけです。
 ひどい試合。

Bメキシカン王座戦、3本勝負:エル・サタニコ(ch)vs.リスマルク(4/?/84)
 11年後の名勝負に魅せられてこの試合にも期待していましたがどうなったか。
 渋いレスリングを見せるも無駄に仕切りが多く
 1本目を超えるほどの持ちネタもなし。
 ハイ・フライングや追い込みも良い物が見られるのに
 冗長だったり流れを良く出来なかったりと
 全体的に完成されていない印象を抱きますね。
 まあまあ良い試合。

総評
 そこそこの試合なので貴重な80年代の試合が見られるというのが売りになりますか。
 (執筆日:4/13/09)
DVD Rating:★☆☆☆☆

注目試合の詳細

@ヘア・マッチ:サングレ・チカナvs.MS1(9/23/83)
  MS1が入場中のチカナに襲いかかった様子。
  チカナをエプロンにぶつける。
  蹴りつける。
  レフェリーを振り払い蹴りつける。
  リングに入りアピール。
  場外に下りるとチカナを蹴りつける。
  リングに入りまた外に出る。
  殴り蹴りつけていく。
  リングに入る。
  チカナは起き上がるとリングに入ろうとする。
  MS1が蹴り飛ばす。
  場外に下りるとチカナを担ぎ上げリングに戻す。
  コーナーにぶつけ殴りつける。
  チカナは衝撃で場外に転落する。
  MS1は後を追うと殴りエプロンにぶつける。
  担ぎ上げリングに戻す。
  ボディ・スラムを決めるとダイビング・ボディ・プレスで1,2,3!
  MS1が先取(5分)!

  チカナは場外で回復をダウンしている。
  MS1は場外に出ると蹴りつける。
  チカナを担ぎ上げるとリングに戻す。
  殴り倒す。
  チカナは先ほどから流血している。
  MS1はチカナをコーナーにぶつけ殴り倒す。
  場外に下ろすとエプロンにぶつける。
  担ぎ上げてリングに戻す。
  ヘッド・バッド。
  殴りつける。
  もう1発狙う。
  チカナは避けると顔に張り手で倒す。
  もう1発。
  3発目で倒して落とすとダイブで追撃する。
  リングに戻る。
  カウントアウトになったようでチカナが追いつく(4分)!

  チカナは降りるとMS1の胸に張り手。
  エプロンにぶつける。
  リングに戻す。
  MS1がチカナの胸に張り手。
  もう1発狙う。
  チカナが避け張り手を打ち込み倒す。
  両者ふらついている。
  MS1がニーでチカナを落とす。
  トペ・スイシーダで追撃する。
  両者リングに戻る。
  MS1がカバー。カウント2。
  アブナミドル・ストレッチを決めて丸め込む。カウント2。
  カバーするもカウント2。
  MS1も大流血している。
  MS1がセントーンを決めカバー。カウントは2。
  MS1がチカナを起こし張り手。
  腕を取って極める。
  起こすとバタフライ・スープレックスを決める。
  カバーするもカウントは2。
  MS1をコーナーに振ろうとする。
  MS1は振り返してぶつけると張り飛ばして落とす。
  トペ・スイシーダで追撃する。
  両者リングに戻る。
  チカナがドロップ・キックを決めて落とす。
  トペ・スイシーダで追撃する。
  チカナがリングに戻る。
  MS1もリングに戻る。
  両者ダウンしている。
  チカナがカバー。カウントは2。
  MS1がチカナにボディ・スラム。
  ダイビング・ボディ・プレスへ。
  しかし避けられ自爆。
  チカナがカバー。カウントは2。
  MS1がカバー。カウントは2。
  チカナがボディ・スラム。
  スワントーン・ボムへ。
  チカナは避けて自爆させると頭部に脚をかけて締め上げる。
  MS1がたまらずタップする!
  チカナの勝利(10分)!

試合結果

@ヘア・マッチ、3本勝負:サングレ・チカナvs.MS1(2−1)(9/23/83)
A3本勝負:サングレ・チカナ、ラ・フィエラ、マヌエル・コタvs.ロス・インフェルナレス(MS1、エル・サタニコ、エスペクトロJr)(2−0)(DQ)(9/?/83)
Bメキシカン王座戦、3本勝負:エル・サタニコ(ch)vs.リスマルク(2−2)(ダブル・フォール)(4/?/84)