TOPルチャ・リブレClassic Lucha From the '80s →Classic Lucha:Classic Lucha From The '80s Vol.1

Classic Lucha:Classic Lucha From The '80s Vol.1の分析


名勝負 なし
好勝負 なし

1枚約1時間50分です。
SlamBamJam製。

世界のプロレス ルチャ・リブレ・コーナーの映像なので
日本語の実況、ナレーション(これが良いっ!)がついています。

@ペロ・アグアーヨvs.フィッシュマン(11/3/84)
 乱戦のイメージしかなかっただけに
 この試合のアグアーヨには感心しましたね。
 目まぐるしく動きながら空けるときには空ける。
 そして元ボクサーならではのパンチ含め技を的確且つ重く決めていますね。
 見応えのある内容でした。
 まあまあ良い試合。

Aロス・ファンタスティックス(クン・フー、カト・クン・リー、ブラックマン)vs.ロス・ブラゾス(12/29/84)
 この頃のブラゾスは太りすぎではなく体型が良いですね。
 体力が切れることなく連携の取れた
 素晴らしいやられっぷりを見せています。
 それに対するテクニコ。
 この3人も中々魅力的なんです。
 カトは独特の蹴りとパルカにつながる困惑させる動きを持っていて非常に個性的だし
 クン・フーもまたオリエンタルな雰囲気を纏っている。
 ブラックマンはそれに比べて3番目の男という感じだけど
 実にしっかりとポイントを捕らえている良いルチャドールに見えましたね。
 中々良い試合です。

Bドス・カラス、スペル・ハルコン、エンリケ・ベラvs.エル・カネック、フィッシュマン、ペロ・アグアーヨ(12/8/84)
 ルードが仕掛けて乱戦になりマスク引き裂き、
 落ち着いた後ダイブ3連発からロー・ブロー・フィニッシュと
 To be continued系の定番ともいえる内容ですね。
 少し悪い試合。
 
Cヘア・マッチ:サングレ・チカナvs.MS1(12/15/84)
 荒っぽい打撃戦。
 攻めの動きもそうだけど受けもオーバーにやっているので
 それぞれの技が栄えますね。
 最後のトペもかなりの迫力です。
 只全体で見たときにもう少し変化が欲しいですね。
 このカードは定番になっているだけに制限も感じるんですよ。
 平均レベル。

DUWA王座戦:エル・カネック(ch)vs.シエン・カラス(12/22/84)
 カラスは良いルチャ・ドールですね。
 攻めにはバネがあるし、
 受けでは沈黙と苦痛を上手くミックスさせて表現している。
 一方のカネックは・・・でかいだけという印象かな。
 カラスが格上に対ししっかりと仕事をして負けてやったという感じです。
 平均より少し上。

EUWAミドル級王座戦:エル・サタニコ(ch)vs.スペル・アストロ(1/5/85)
 アストロがスピードから技を仕掛けていくのに対し
 サタニコは動かずに投げ一発で黙らせる、と
 2人の容姿から受けるイメージそのままのファイトを見せます。
 ツボを押さえた仕切りと攻防による構築で
 初っ端から大技を次々と打ち合っているので
 5分しかありませんでしたが熱戦模様となりましたね。
 まあまあ良い試合です。 

FNWAミドル級王座戦:グラン・コチーセ(ch)vs.グラン・ハマダ(1/19/85)
 空白をついて反撃し、また最初からクイックを入れてくるので
 のりにくい所がありましたね。
 目まぐるしい攻防で良い物だったとは思うのですけれど。
 平均レベル。 
 軽く浜田の家族の紹介なども収録されています。

Gマスク・マッチ:グラン・コロソvs.マスカラ・アニョ・ドス・ミル(1/26/85)
 振る舞いや技のセレクトが良いですね。
 体格はそんなに違わないのにコロソはでかく獰猛に見えるし
 ミルは果敢に立ち向かって技が華麗に見える。
 テクニコ、ルードの型にはまっていて面白かったですね。
 平均的な良試合。

Hペロ・アグアーヨ、エル・ファラオンvs.ヴィジャノIII、シエン・カラス(2/16/85)
 カード上はルード対テクニコなんだけど
 ルードに転向したファラオンはアグアーヨとリンピオ時代に遺恨があったらしく
 カラスはルード転向を考えている時期なんだそう。
 このせいでどちらも仲間割れしてまともな試合になっていないです。
 ひどい試合。
 
 ルチャの技、マスク・マン紹介にフィッシュマンの家族紹介が収録されています。

Iフィッシュマン、エル・カネックvs.グラン・ハマダ、アニバル(3/11/85)
 乱戦のままマスク剥ぎによる反則で終了。
 これはどうしようもないですね。
 ひどい試合。

J3本勝負:ウルトラマン、クン・フー、スペル・ハルコンvs.ロス・ブラゾス(?/?/86)
 キャプテン、もしくはそれ以外の2人をフォールをすれば勝ちという
 オーストラリアン・ルールだそうです。
 一応ね。
 試合は1,2本目がかなりの薄っぺらで
 3本目はブラゾスがコメディーから適当にやられています。
 悪い試合。

総評
 試合時間は短めですが多彩で中身も良いと思います。
 日本語の実況・ナレーションもついていますし面白かった。
 (執筆日:6/14/09)
DVD Rating:★★☆☆☆

注目試合の詳細

なし

試合結果

@ペロ・アグアーヨvs.フィッシュマン(11/3/84)
Aロス・ファンタスティックス(クン・フー、カト・クン・リー、ブラックマン)vs.ロス・ブラゾス(12/29/84)
Bドス・カラス、スペル・ハルコン、エンリケ・ベラvs.エル・カネック、フィッシュマン、ペロ・アグアーヨ(DQ)(12/8/84)
Cヘア・マッチ:サングレ・チカナvs.MS1(12/15/84)
DUWA王座戦:エル・カネック(ch)vs.シエン・カラス(12/22/84)
EUWAミドル級王座戦:エル・サタニコ(ch)vs.スペル・アストロ(1/5/85)
FNWAミドル級王座戦:グラン・コチーセ(ch)vs.グラン・ハマダ(新チャンピオン!)(1/19/85)
Gマスク・マッチ:グラン・コロソvs.マスカラ・アニョ・ドス・ミル(1/26/85)
Hペロ・アグアーヨ、エル・ファラオンvs.ヴィジャノIII、シエン・カラス(2/16/85)
Iフィッシュマン、エル・カネックvs.グラン・ハマダ、アニバル(DQ)(3/11/85)
J3本勝負:ウルトラマン、クン・フー、スペル・ハルコンvs.ロス・ブラゾス(2−1)(?/?/86)