TOP日本のプロレスRINGS →RINGS:Best of RINGS 1998

RINGS:Best of RINGS 1998の分析


名勝負 田村潔司vs.高阪剛(6/27/98)
好勝負 メガ・バトル・トーナメント決勝:田村潔司vs.イリューヒン・ミーシャ(1/21/98)

ヴォルク・ハンvs.高阪剛(5/29/98)

@メガ・バトル・トーナメント決勝:田村潔司vs.イリューヒン・ミーシャ(1/21/98)
 ミーシャはパワーで勝るところを見せつけ、
 田村は鋭いタイミングでの切り返しで対抗する。
 はっきりと色分けされていますね。
 そのため相手の土俵で対抗する場面がないので
 田村vs.ハンなどに比べると一瞬一瞬の密度は高くない。
 田村自身がリアルさの追求の中で
 華麗なポジショニングを敢えて行なわない方向に走ったことも一因です。
 その一方で相手の技に対する表現は幅広くなり、
 田村が打撃で戦局を切り開くも
 サブミッションで着実にポイント差をつけられ、
 しかしそんな苦境にもサブミッションで真っ向から勝負していく、という
 ドラマチックな展開を魅力的に描き出すことに成功しています。
 20分弱というRINGSにしては長い試合時間に適した内容でした。
 ぎりぎり好勝負。

Aヴォルク・ハンvs.高阪剛(5/29/98)
 ハンは鮮烈なサブミッションでギブ・アップを、
 高阪は打撃によりKOを狙っていく。
 序盤から自分の強みを明らかにすると同時に、
 相手を理解し相互の見せ場も生み出しています。
 前回に比べ高阪の総合力の向上を実感させる戦いですね。
 終盤は一気にヒート・アップさせて高阪がハンからタップを奪いました。
 しかしリアル路線を突き進む中、
 時代に置いていかれそうになっていたのでしょう。
 ハンはタップ後すぐにそれまでの試合が何でもなかったかのように振る舞い、
 高阪が去った後、子供を肩車してみせる始末。
 そのためにシュート・プロレスの一つの魅力である
 決着の余韻が大きく削られたのが残念です。
 ぎりぎり好勝負。

B田村潔司vs.高阪剛(6/27/98)
 高阪は蹴りを抑え、レスリングを本筋に据え、
 田村と技術の真髄を競い合いました。
 田村も2年前のような華麗な変幻を捨て、
 ゆったりと体勢を整えてから
 目にも留まらない鋭さで切り込むスタイルで臨んでいます。
 一撃性に拘らずじっくりと魅せ、
 初めてロスト・ポイントとなったのは13分。
 一般的なRINGSの1試合相当の時間です。
 それだけかけて深く深く底に潜った。
 そこからはロスト・ポイントによるストーリー・テリング。
 田村が連続でロープ・ブレイクを行い2ポイント失います。
 その差を打撃ラッシュで詰め3-3の同点にする展開です。
 シュート・プロレスにおいて
 ポイントが必ずしも戦局を反映せず
 大雑把にポイント差をつけることで展開して見せるのですが
 この試合は1ポイント一つ一つで芳醇に語り上げています。
 またロープ・ブレイク(-1ポイント)とダウンの(-2ポイント)の
 ロスト・ポイント差も上手く使われていることも特筆すべきことです。
 高阪が打撃を嫌い距離を詰めたところで
 田村がかつての華麗なポジショニングを見せ、
 目の前に映っていることだけが戦いの全てではないことを再認識させます。
 ロスト・ポイント通り同格として相対する中、
 疲労感を滲ませながらポイントを削りあう素晴らしい攻防。
 そしてクライマックスでは時間切れ(判定決着)が迫る中で
 ギブ・アップよりもロスト・ポイントに焦点が映り、
 ロープ・ブレイクさえ許されない更に過酷な戦いへと発展しました。
 UWFのような特殊なスタイルではなくシュートそのものをスタイルとしながらも、
 最高の構成、展開で極上の技術を最大限に輝かせた
 シュート・プロレス史上No.1に君臨する試合です。
 この試合の存在はMMAを殺し得る。
 歴史的名勝負。
 (執筆日:?/?/13)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@メガ・バトル・トーナメント決勝:田村潔司vs.イリューヒン・ミーシャ(1/21/98)
Aヴォルク・ハンvs.高阪剛(5/29/98)
B田村潔司vs.高阪剛(6/27/98)