TOP日本のプロレスRINGS →RINGS:Best of RINGS 1997

RINGS:Best of RINGS 1997の分析


名勝負 メガ・バトル・トーナメント決勝:ヴォルク・ハンvs.田村潔司(1/22/97)

高阪剛vs.山本宜久(4/4/97)
好勝負 なし

@メガ・バトル・トーナメント決勝:ヴォルク・ハンvs.田村潔司(1/22/97)
 前回と同様、ハンの力強さ、田村のポジショニングを堪能できます。
 目が離せない贅沢な攻防です。
 田村のポジショニングの動きは華麗でありながら
 只の装飾ではなく試行錯誤、優位性を確立する意味合いがあるのが素晴らしいですね。
 試合を決着しうるサブミッションの切り返し合いで始め、
 中盤はやや落ち着くも要所では強烈なスポットを繰り出す。
 最初のロスト・ポイントまでに時間が結構経っていて
 決勝らしいボリュームにもなっています。
 田村がロー・キックを連発して突破口を開く一方で、
 サブミッションに対し防ぐのに精一杯になることで
 終盤の重みを生み出していきました。
 打撃のダウンから一気にフィニッシュに持っていき幕閉じ。
 RINGS外の総合格闘技の発展の影響でしょう、
 前年に比べて、よりリアル性を追求する方向に向かっており、
 その結果、わずかに劣る内容ながらそれでも尚、
 歴史に残る試合が再び生まれたといって良い。
 ぎりぎり名勝負。
  
A高阪剛vs.山本宜久(4/4/97)
 山本は大きく成長しましたね
 ステップ、打撃、グラップリング全てを
 バランスよく織り交ぜて冷静に試合を運んでいる。
 特にポジショニングはスピードこそ
 田村には及びませんが優雅さ、的確さは白眉。
 一方の高阪は容姿どおりやや無骨にあがきながら
 決して見劣りしないテクニックで対抗していく。
 打撃が肉に当り空気に響く音、
 グラウンドの息遣いが心地よい戦い。
 高阪がグラウンドで自分の形まで持って行き
 小さなガッツ・ポーズをしたところから試合はヒート・アップ。
 打撃を前面に出した激しい戦い。
 それにより一層グラウンドの価値も増していく。
 高阪の疲労表現も素晴らしいですね。
 山本が格好良い程、高阪の泥臭さも輝く。
 2人だけの試合にして見せました。
 欲を言えば時間切れ、判定決着で完全に満足するには
 後一歩届いていなかった印象です。
 しかしリアリティー優先のシューティング・プロレスとしては
 翌年の田村vs.高阪に続く一戦。
 ぎりぎり名勝負。
 (執筆日:?/?/13)

注目試合の詳細

なし

試合結果

@メガ・バトル・トーナメント決勝:ヴォルク・ハンvs.田村潔司(1/22/97)
A高阪剛vs.山本宜久(4/4/97)